英語日記の添削とHelloTalkで無料電話

英語日記の添削とHelloTalkで無料電話

最近はネットのサービスやスマホのアプリを使って英語に触れるようにしています。いろいろと物入りなのでオンライン英会話は休会中です。笑

英語日記とネイティブによる添削

 

ネットのサービスでネイティブが添削してくれるサービスがたくさんあります。中にはSNS形式でお互いに添削しあって助け合うようなサービスもありますよね。

今はアプリが中心ですが、帰国後、SNS形式の添削サイトに入って4年ほど毎日、日記形式で英文を書いてました。こう書くとすごいことやってるみたいですが実際は通勤時間中にスマホを20分ほどで数行の英文とその和文を書くだけなので大したことはありません。

ネイティブや英語話者が添削してくれたり、逆にその人達の日本語を添削してあげたりと助け合いって感じです。いまでもFacebookなどでつながっている友だちもいます。

添削のイメージです。

この短時間で日英で短い日記を書くってスタイルにはかなり鍛えられました。短く書く理由は短くないと添削が付きにくいというのが一番大きいです。ただし短すぎると素通りとちょうどいい長さで気を引く内容にしないといけない。

今でも苦手ですが、使ったことのない表現に挑戦して間違いつつ、冠詞の使い方や付け忘れ、時制、三単現のS、タイプミスなどケアレスミスまでありとあらゆる間違いをしてしまいます。(汗)

内容は他愛もないことですが、短時間に書いて語話者に添削されることによって初めてのトピックでも、初めて使う表現だったとしても、そして細かい部分で英語が間違えていたとしても大枠を外さず伝える訓練になりました。これは仕事で海外とメールのやり取りをする上ではすごく重要なことです。

 

毎日書くというのもこれまた苦痛です。そもそも一番続かないのって日記ですよね。それまで人生で日記なんて付けたことありませんでした。それが英語なんです。

毎日、毎日そんな特別なことなんて起きませんからね。笑 駐在時代の失敗談とか以外だったこと季節の話題、家族のことありとあらゆることを書きました。そしてたくさん間違えました。。。

めちゃくちゃたくさん添削してもらった歴史もそのうちこちらで披露したいと思います。笑

無料電話もできる言語交換アプリHelloTalk

 

半年くらい前に始めたのが言語交換アプリのHelloTalkです。スマホのアプリなんですがすごく多機能でツイッターのタイムラインのようなモーメント、チャット、無料電話、ビデオ電話(有料)もついています。

モーメントとチャットには添削機能が付いているので自分が投稿した英文やチャットに添削を受けることも可能です。モーメントには写真の投稿も可能ですのでインスタグラムのような使い方も出来ます。

カフェでチャット

ツイッターやFacebook、インスタのように写真やなにかを投稿して添削を受けたり、チャットで複数回メッセージのやりとりを行えば写真の交換や無料電話もできるようになります。ちょっとサーバーやアプリが不安定なところもありますが、ここ最近は安定してるみたいです。

まとめ

一通り英語関係でやってみたことを簡単に書いてみました。勉強はずっと続くものですが、ある時は楽したい、ある時はできるだけ効率良くってことを考えて勉強してきましたが、それだけではなかなかうまくいかないかもしれません。日本で英語を習得するにはある一定の期間は集中してトレーニングを行う必要があると思います。

自己実現

日本にいて大人になってからの英語ができるって目指すレベルはネイティブになることではないです。まずは身の回りのことを、それから仕事や専門分野に関することぐらいまでを簡単な英語でやりとりができるくらいのレベルが目指すところだと思います。どこまでいっても知らない語彙や表現はでてきますのでそれはその都度確認して、また出てきた時に覚えればいいくらいの気持ちで行くのが上達への道じゃないですかね。

 

英語がずーっとできなかった僕の歴史と現在はシリーズでどうぞ。。。