英語上達のための考え方

英会話、伸びない時期の過ごし方

英語停滞期トップ

こんにちは、あたごです!今回は英会話でなかなか伸びない停滞期について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

英会話・英語力が伸びてる実感が持てない

 

「今回こそは英語が話せるようになる!」と一大決心をして本を購入、ネットで勉強法を調べて継続。

「2ヶ月で」、「短期集中」、「日本にいたまま」今まで集中して英会話をやったことがなければ数ヶ月などの短期間で実感ができるような変化を求めてしまいます。

実際はどうかというと自分なりにがんばってみたけど、「英語が話せるようなった」なんて実感は持てることはなかなかないんじゃないでしょうか。

成果は感じられたけど流暢さにはほど遠い

スポンサーリンク

 

英語の勉強を数ヶ月やるとどうしても結果が欲しくなってきます。これは当たり前ですよね。

こんなにがんばってるのに流暢に話せない、数ヶ月で英語ができるようになったって人と何が違うのって。

TOEICや英検など資格試験はスコアや合否が出るので自分の立ち位置がわかりやすいです。TOEICや英検などはテキストなども揃っていて対策が立てやすいです。

でも英語力(主には会話)は昨日より今日、今日より明日って実力が上がっていくようには感じられないことのほうが多いです。

続けないといつまでたっても話せない

 

勉強を続けてるとそして挫折するたびに心のどこかで思うのは「(自分は)話せるようになるわけない」

「話せるようになるわけない」はやめておきましょう

 

これ、すみません。でも、心のどこかで「時間がないから、勉強が不得意だから、海外経験ないから『話せるようになるわけない』」思ってしまうんですよね。

僕は母語(おそらく日本語?)が話せる人であれば、英語を話すことできるようになると思います。ただ話せるようになるには時間がかる。

話せるようになるにはとにかく諦めずに続ける必要があります。一歩でもいいから歩みを止めないこと。仕事でどうしようもなく一日休んでしまった。それでも次の日はやる。

英語でコミュニケーションを取れるようになるこの目的のためには決して難しことをやる必要はありませんが、簡単なことを何度も反復練習するしつこさが必要になってきます。

英語学習者のレベルはものすごく高い

スポンサーリンク

 

「英語学習者のレベルはものすごく高い」これはほんとうにそう思います。ネット上の英語を勉強してるアカウントの人たちが多数TOEIC800点〜990点をとってたり、英検準一級、一級を取得していたりします。

そのような英語上級者ではなくても英語の勉強をしている人たちって英語力は基本的に高いです。単語は1,000〜2,000単語くらいは平気で覚えてるでしょう。

でもほとんどの英語学習者は自信を持って「英語を話せます」ということはなかなかありません。もちろん多くの人達は礼儀やマナーとして「できる」と自慢しないというもあります。

でも、求めるレベルが高い、高すぎるのも「できる」と言わない・言えない原因の一つとも思います。そして自分の英語力の停滞を感じてしまうんです。

上達、成長をいかに感じるか

 

停滞期っていうぐらいなので変化が「ない」のですが、実際のところ学習を続けている限り英語力は伸びてると思います。

資格試験の英語のようにある程度限られた範囲の英語だけであれば学習した単語、フレーズが出てくることも多く成長を感じられることもありますが、実際の会話ではなかなかそうは行きません。

停滞期に入ったと感じたらとにかく動く

 

自分の英語力が伸びない、伸びてないと感じたら。どうでしょう。さらにモチベーションが上がって、やる気になるタイプでしょうか?

それとも「いくらやっても、これまでと同じ。英語なんて話せるようになんかならない」って思ってしまうタイプでしょうか?

僕は基本的には後者ですね・・・。少し続けては「営業の勉強をやらねば!」、「会計も大事!」、「やっぱりマネジメントの学習が優先!」とか。

停滞期に入るとその他優先事項(自分で勝手に優先事項に格上げするんですけどね。)出てきて英語の学習を止めがちです。

ここで止めるとですね。なかなか再開するのが難しいです。そして再開する時に「なんでやんなかったんだ」と自分を責めてしまいます。

この真面目さが行き過ぎて自分を責めてしまうというのがとっても問題で、実は続かないもっとも大きな原因だったりします。

じゃどうするか?

 

もう、なんでもいいです。短い時間でもいいので英語に触れる。そしてできれば簡単なことをやる。学習を再開できた、理解できた成功体験を味わうんです。

実際の会話ではそんなに難しい単語や、表現を駆使することはほとんどありません。もちろん最終目標は流暢に格調高い英語を使いこなす。でもいいんです。

でも、そこにいたるまではかなり長い道のり。英語を必要とする、必要とされる機会は自分の成長をまってくれません。

今できることを増やすために一歩でも二歩でも足を進めましょう。

停滞期を乗り切るおすすめの学習方法は?

 

これは一つではないし学習者のレベルごとに違ってくるんですが、とにかくこんなことっていうのを上げてみます。

停滞期を乗り越えるには

1.中学英語の確認

2.発音練習

3.オンライン英会話での特訓

中学英語の確認

 

話すにあたってなかなか(英作)文ができない。文をスムースに作ることに問題点を感じるのであれば中学レベルの文法の確認をやるのがいいと思います。

理解しやすいことが多いですし、音読を繰り返すにも最適です。

 

もし発音の練習をやったことがない、しばらくやってないのであれば「発音」練習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

発音については能動的な練習が主体で音もあるので飽きにくいかと思います。

 

オンライン英会話の特訓タイプレッスン

 

これはお金をかけずに海外の先生とレッスンをウケることができるという最高の英語学習の仕組みですよね。

ここでできればフリートークなどを選んでしまわないことです。しっかりと基礎を固めるということで特訓タイプのレッスンが

どんなところが特訓してくれるかというと。

DMMには中学英語で英作文をしまくる瞬間英作文がテキストにあります。

オンライン英会話用画像
DMM英会話のおすすめ教材は?初心者で英語を話したいなら? オンライン英会話を紹介したまとめサイトはいろいろあるんですが、実際には受講して紹介していなかったり、あまりオンライン英会話の十分...

独自メソッドDMEで話せる英語をどんどん練習で聞きます。

オンライン英会話用画像
イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを受けてみました 英語学習はインプットとアウトプットをバランスよくやる必要がありますが、オンライン英会話は最強の英語アウトプットツールだと思います...

まとめ

 

とにかく上達してない。これって英語学習者の誰しも感じることだと思います。今回はどうやって停滞期を乗り切るかを前向きに考えてみました。

さてそれでは今回はこのへんで、ではでは~!

あたごが考える勉強法をまとめましたのでよろしかったらどうぞ。

乗り越える
30歳、40歳過ぎてから英語を話せるようなるには【まとめ】今回は僕自身の経験をもとに30歳、40歳を過ぎてから英語を話せるようになるまでのプロセス、過程の記事をまとめたいと思います。 英語学習...

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)