イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを受けてみました

イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを受けてみました

英語学習はインプットとアウトプットをバランスよくやる必要がありますが、オンライン英会話は最強の英語アウトプットツールだと思います。今回はイングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを体験しました。

イングリッシュベルは無料体験レッスンの初回はレベルテストが行われレベルチェックの結果のおすすめのコースなどを教えてくれます。

イングリッシュベル英会話のDMEメソッドとは?

 

イングリッシュベル英会話はお手頃価格のスカイプ英会話でありながら高品質なレッスンを売りにしてます。基本的にはオンライン英会話は価格勝負の世界です。

そんなイングリッシュベル英会話の看板レッスンがDMEメソッドです。DMEメソッドは他の方法よりも4倍早く英語がマスターできるとされています。というか、そういう説明を受けました。笑

英語話者が直接、生徒に教えるダイレクトメソッド(直接教授法)の中でも新しい学習方法とのこと。ダイレクトメソッドは子どもが母国語を覚えるプロセスをモデルにしていてシンプルに講師の質問に答えていくアウトプット型のレッスンになります。

スポンサーリンク

DMEメソッドレッスンの基本ルール

 

DMEメソッドのレッスンは4つルールをしたがって行われます。

ルール1:講師の質問に答える

先生が”What’s your name?, What’s your name?”と2回質問するので”My name is Atago.”と文章にして答えます。”Atago”とか単語で返したりしがちですが、文章にするように言われます。文章は講師が教えてくれるので心配はありません。

 

ルール2:講師の発音アクセントを真似て言う

レッスン中、特に指摘はありませんでしたがこんなルールがあったんですね。講師はフィリピン人です。ネイティブではありません。

ネイティブでない講師の発音を真似るのに不安を感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、イングリッシュベルの講師は規定のトレーニングをしっかりと受けてからレッスンを開始すると説明があります。

またフィリピン人はコールセンターやサポートセンターなど北米企業の会社で働いた経験のある人も多数いてアクセントはスタンダードな人がほとんど。完全にアメリカンアクセントな方も多いのであまり心配はいらないと思います。

 

ルール3:常に I’m や You’re など必ず短縮形を使う

これはネイティブがそのように話すからと言うことのようです。スピーキング、リスニング両面から英語話者にナチュラルスピードの話し方に慣れていこうということが目的です。

 

ルール4:レッスン中テキストは見ない

講師の質問に対してすぐに返答するということに集中するためレッスン中は原則テキストを使いません。これでリスニングや会話の瞬発力を養います。

 

ルール5:レッスンは順を追って

ステージが1から12まであるのですがステージ1からの受講がおすすめだそうです。基礎を固めて効果を体感してほしいということのようです。

 

DMEメソッドの教材について

 

レッスン中はテキストを使わない、見ないのですがイングリッシュベル英会話のサイトでは自習用にDMEメソッドのテキストも販売されています。

中身もPDFで確認できますので購入前にしっかりと検討できると思います。各テキストには2つのステージが収録されていてStage18までの計9冊です。

料金プラン(税別):

1.DME BOOK1(Stage1&2)CD1枚付 3240円
2.DME BOOK2(Stage3&4)CD1枚付 3240円
3.DME BOOK3(Stage5&6)CD1枚付 3240円
4.DME BOOK4(Stage7&8)CD1枚付 3240円
5.DME BOOK5(Stage9&10)CD1枚付 3240円
2.DME BOOK6(Stage11&12)CD1枚付 3240円
3.DME BOOK7(Stage13&14)CD1枚付 3240円
4.DME BOOK8(Stage15&16)CD1枚付 3240円
5.DME BOOK9(Stage17&18)CD1枚付 3240円

※テキスト代と別に送料560円、代引き手数料324円が別途必要。

※北海道、離島および10冊以上の注文は送料が変わります。

イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを体験

 

さっそくDMEメソッドのレッスンを無料体験で受けてみました。

1.自己紹介

まずごくごく簡単なお互いの自己紹介からスタートしました。講師の話すスピードはナチュラルスピードです。ほんとに名前を言う程度なので特に問題はないと思います。

2.応答練習1

最初は自己紹介の続きでしたが名前を使った応答練習です。ここで基本ルールの講師が2回問いかける、短縮形をつかう、などが説明されます。

スピーキングの練習のためですが必ずきちんとした文章で答えることが求められるため、いつも適当な受け答えしてる僕にはかなり練習になりました。。。

3.応答練習2

講師が絵を使ってする質問に答える練習です。最初に絵の説明が行われます。鉛筆とペン、本が描かれている絵を見せられて(スカイプで映してくれます)Pencil, Pen, Bookとすべて教えてくれます。

そして What is this? What is this? と2回聞くのでIt’s a pencilと答えるようにと指示してくれます。

4.応答練習3

講師が間違った質問をするので正すというものです。これまでの応答よりも長い文を話すことになります。例えばペンを指してIs it a pencil? Is it a pencilと聞いてくるので、No, it isn’t a pencil but It’s a pen.と答える感じです。

DMEメソッドレッスン受講のコツ

 

DMEメソッドでは講師は生徒のレベルに関係なくわざとナチュラルスピードで話すそうです。そのため知識として英語力があっても講師の指示についていけない可能性があります。

対処としては何度も聞き返す、とりあえずやってみて間違いながらガンガン進めるの2つだと思います。どちらでもいいのですが聞き取れなかった!などと落ち込んだりせずに練習する、発声することがキモだと思いますのでどんどん発声していきましょう。

イングリッシュベル英会話では無料体験初回レッスンにレベルテストが行われます。レベルテストの様子と僕、あたごのテスト結果はこちらで。。。
イングリッシュベル英会話の評価、レベルテストを受けてみました。スコアも公開

瞬間英作文と似てる感じが

 

DMEメソッドは英語話者から英語で直接指導をうけるダイレクトメソッドの一種ですが、実際にレッスンを体験してみて思ったことは”瞬間英作文”のトレーニングと似てるってことです。

瞬間英作文の場合は日本語を見ながら英作文してすぐに口に出す。そして何度か練習して口に慣らすという作業を行っていきます。

DMEメソッドでも日本語は一切使いませんが、簡単な英文から始まってキーワードを入れ替えながらどんどんアウトプットをしていくスタイルは瞬間英作文にそっくりです。

スポンサーリンク
 

これは自分自身の経験からですが、音読、発音練習などインプット系の練習を併用しつつ瞬間英作文などのアウトプット系の練習をやるのが”英語を話せるようになる”ためには効果的です。

独学での話すための英語の練習は常に”ほんとにこんなんでいいのかなぁ”などと疑問に思いがちですが、DMEメソッドのような寄り添い型の練習であればペースをつかめると思います。

 

まとめ

 

高品質のレッスンを提供で差別化を計るイングリッシュベルのレッスンではカランメソッドとDMEという看板レッスンが用意されています。DMEメソッドレッスンは4倍の速さで上達するってことだったんですが。。。

この感じで毎日突っ走ったらぽけっと楽しくオンライン英会話〜、してる受講者に比べればそりゃ4倍で行きますわ。メソッドそのものも効果あると思います。

 

スポンサーリンク




ほんとうにストレスなく話せるようになりたいのであればオンライン英会話(アウトプット)に加えて、インプット型の練習も必要になります。

話せるようになるための英語学習の情報として他の記事も参考にしてみて下さい。

1.オンライン英会話をさらに活用するには
初心者向けオンライン英会話を効果的に使う7つのコツ

2.僕と子供たちの体験談です
4年間毎日受講してわかった、おすすめオンライン英会話、初級者向けは?

3.英語の勉強、習いごとモチベーションってなかなか続きませんよね
英語の勉強、習いごとのモチベーションを維持する、続ける、止めない7つのコツ

4.hanasoの口コミや評判はこちらです。ホームページが使いやすいです。
hanaso英会話の口コミ情報

5.QQEnglishについてはこちら。おすすめポイントは?とにかく初心者にやさしい。
QQEnglishの口コミ情報・おすすめポイントは?

6.ネイティブキャンプの口コミ情報は?とにかくたくさんやりたい忙しい人向け。
ネイティブキャンプ(NativeCamp)・口コミ情報

7.DMM英会話のおすすめ教材は?リアルな英語を学べる万人向けオンライン英会話
DMM英会話のおすすめ教材は?初心者で英語を話したいなら?

8.イングリッシュベル英会話の評価、レベルテストを受けてみました。スコアも公開。
イングリッシュベル英会話の評価、レベルテストを受けてみました。スコアも公開

9.イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスン。がっつりトレーニングならこれです。※本記事です
イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを受けてみました

10.hanaso英会話の口コミ:hanasoメソッドレビューってよく考えられたレッスンでした。
hanaso英会話の口コミ:hanasoメソッドレビュー

11.ビジネス英会話マイチューター(MyTutor)の口コミ、体験レポート
ビジネス英会話マイチューター(MyTutor)の口コミ、体験レポート

12,日本人のために考えられた6つのメソッドって?無料動画で確認。LOBi Education
LOBi Educationリアルxオンライン英会話:最短・最速LoBiメソッドとは

13.LOBi Educationの無料体験セミナー受けてみました
LOBi Educationリアルxオンライン英会話:無料体験セミナー受けてみた

14.僕、あたごが最初に選んだスクールです
産経オンライン英会話の評判は?他と比較してどうなの?

15.レアジョブ無双!やっぱりすごかったレアジョブ
レアジョブ英会話の評判・口コミは?体験比較してみました