Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

EXILE小林直己の英語力、勉強法、ハリウッド映画出演の実力は?

小林直己トップ

今回は三代目J Soul BrothersEXILEのパフォーマーの小林直己さんの英語力、勉強法を調べてみたいと思います。

小林直己さんは長身でイケメン、目立つ存在ですが、英語もできたんですね。やっぱりかっこいいです。

小林直己さんは2017年からLDH USAに所属されていますが、なんと2019年にリドリー・スコット監督の映画でハリウッド進出することが決まりました。さっそく見てみましょう。

小林直己さん「たたら侍」会見内容

 

こちらは2017年に外国人特派員協会で行われたEXILE HIROさんがエグゼクティブプロデューサーを務めた映画「たたら侍」の会見の模様です。

それでは外国人特派員協会で行われた小林直己さんの映画「たたら侍」の会見の内容です。記者からの質問は

「ダンサーとしてのスキルや経験を映画俳優の仕事にどのように活かしたんですか」というものでした。

小林直己ジェスチャージェスチャーも交えて

 

これに対して小林直己さんは即座に英語で答えます。これには通訳の女性もびっくりしたみたいでした。

実際の小林直己さんの答えはこんな感じ

So since I’m dancer the experience is the best way to understand character of life.
私はダンサーなので体験することが役柄(その役の人生)を理解する一番の方法です。

So I always I like express myself without…I like express myself through dancing without voice, any words but acting uses voice.
なので、いつも自分自身を表現するのが好きです、それなしに、、自分自身を表現するのに声、セリフ無しにダンスで表現するのが好きなんです。でも演技は声でやりますね。(会場から笑い声)

小林直己笑顔

It is the difficult and hard for me but using body is close to acting.
私にとって演技は難しいものですが(ダンスで)体を使うことは演技に通じるものがあるんです。

So… and my character is, my character’s main scene is fighting scene, fighting express using body so it is easy for me.
そして私の役は、私の役の主なシーンはチャンバラのシーンなので体を使ったチャンバラの表現は私にとって楽でした。

 

小林直己さんの英語力

 

小林直己さんは留学などの経験はなくまったく英語も話せなかったそうです。英語は2015年に事務所でのLDHがLDH USAが設立がきっかけのようです。

そこから英会話学校に通い、2年足らずで外国人記者相手に堂々と英語で会見を行うまでになっています。

小林直己さんのプロフィールによると2017年1月にはLDH USAのスタッフになっていますので「たたら侍」の会見のときには海外暮らし4ヶ月目といったところだったんでしょうか。

英語話者には英語で

 

インタビュー動画を見ていただくとわかるんですが、小林直己さん最初から記者の質問をしっかりと聞き取ろうとしています。

英語を聞く最初から記者の質問(英語)を聞いています。

 

普通、通訳の方がいると通訳任せで、まぁ、英語なんて聞かない人も多いんですけど、質問してくれている記者に対する敬意と英語力からか小林直己さんは最初から聞いてましたね。

そして質問が終わって答えようかとすると通訳の方が割って入ったって流れです。小林直己さんも「(あ、そうだ通訳いたんだ)」って表情。

通訳を見る返事をしようとした瞬間、通訳が始まったのでびっくり

 

質問への回答はやっぱり目の前に英語話者がいるのに日本語で話すわけにはいかないって気持ちになったんだと思います。このとき小林直己さんができる文法、語彙を使って丁寧に回答してるって感じで好感持てます。

小林直己さんの英語を日本語にするって話はなかったんでしょうね。小林直己さんが話し終わったあとは通訳の方が少し戸惑ってました。(笑)

リドリー・スコット監督映画に出演

 

2018年5月小林直己さんがリドリー・スコット監督が製作総指揮を務めるNetflixオリジナル映画「アースクエイク・バード」に出演することが発表されました。

配信開始は2019年ということなんですが、撮影は東京、新潟の佐渡ヶ島などで行われたそうです。

小林直己映画

本格ミステリーで小林直己さんは重要な役どころのようで演技に加えてもちろん英語力も必要とされる役どころのようです。

小林直己さんのハリウッド作品本格デビュー楽しみですね。

仕事はあなたの英語の上達を待ってくれない

 

さて小林直己さんですが、会見で見せた英語での記者への応対すばらしかったですね。英語を勉強している人はたくさんいますが、通訳がいる大人数の会議で英語で話せる人ってどれくらいいるんでしょうか。

通訳なしで話せるほどぺらぺらってことをいってるんじゃありません。英語話者との会議でその時の自分の英語力を使って自分の思いを伝える事ができるかってことです。

小林直己間違いを恐れない

つい「自分の英語は完璧じゃないし、間違えたら嫌だし、相手の言ってること聞けてなかったら嫌だし、恥かくくらいなら通訳(英語のできる先輩・上司)に任せよう。」ってことになりませんか?

もちろんそれは一つの選択肢です。ビジネスや研究を最優先にすればありかもしれません。でも、、、自分の英語ってことを考えると。いつまで経ってもね・・・。

チャンスを逃すな!
成長の機会を逃すな!英語を話すためのコツ、心構え・マインドセットさて今回は前回の記事の続きですが、今回も気楽に読んでみてください。トレーニング方法というよりもマインド。話す上でのコツ、心構え、マインド...

一言、英語話せば「発音がカタカナ!」とか「中学レベル!」とかいろいろ言われる芸能人なのに小林直己さんとにかく自分の思いを伝えたいって態度がいいですよね。

おそらくすぐに英語も流暢になるんだと思います。とにかくインプットとアウトプットを続けることが上達への一番の近道なので。

※ちなみに「中学英語レベル!」ですが中学英語ができたらほとんど英語に不自由しないので僕的には褒め言葉ですけどね。

中学生
中学英語の文法を見直し。おすすめは本は教科書ガイド。その使い方と効果はTOEICの点数はまぁまぁ取ってみたものの英語が話せるというレベルにはいたらず、ほんとうに話せるようになるための勉強法を模索して音読、発...

まとめ

 

今回は三代目J Soul BrothersEXILEのパフォーマーの小林直己さんの英語力、勉強法を調べてみました。

記者会見での英語、男前でしたね。自分の言いたいことを伝えようとする気持ちがすっごく伝わってきました。

ハリウッド映画出演も決まって演技と英語のレッスンもますますやられるんだと思います。次の記者会見が今から楽しみですね。

それでは今回はこのあたりで、またストレスなく話すための英語情報や海外セレブの情報、有名人、芸能人の英語力、勉強法などおもしろ情報があればお伝えしていきますね。それではぁ〜!ではでは。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)