成長の機会を逃すな!英語を話すためのコツ、心構え・マインドセット

成長の機会を逃すな!英語を話すためのコツ、心構え・マインドセット

さて今回は前回の記事の続きですが、今回も気楽に読んでみてください。トレーニング方法というよりもマインド。話す上でのコツ、心構え、マインドセットといったお話になります。

成長の機会を逃すな!

 

英語を話す機会は突然やってきます。昨日勉強を始めたばかりであろうが、がんばって勉強をしてる途中であろうが、上手かろうが下手かろうがお構いなしです。

どうします?逃げちゃいますか?「Hey!  How r u doin?」とかってドヤ顔で話してくれる同僚や友だちにおまかせして話さなければいいだけです。

逃げ出したい!

で、家に帰って「はぁ、なんでWanna! と I’m gonna! とかばかりの英語かぶれみたいなやつに負けちゃうんだろう。仕事は(勉強は)自分のほうができるのに。。。」って後悔しちゃいます?

嫌ですよね。僕はいつまでも”英語ができる”人たちを羨んでに凹んでるの耐えられませんでした。で、あればどうするか。今ある、持ってるスキル・能力で対応しないといけないんです。

英語を話すための心構え・マインドセット

 

言語を身につけるにはどうしても時間がかかります。これは日本人に限ったことではありません。日本語、英語以外の言語圏から来る人たちも同様です。でもなんか違う感じがする。これは僕の経験ですが海外の英語ノンネイティブたちは日本人とマインドが違うんです。

オッケー!

みんなの前でも気にしません

 

海外のセミナーなどに参加するとかならず質疑応答の時間があります。日本のセミナーだとなかなかみなさん質問なんかしないんですが、海外ではネイティブ、ノンネイティブ問わず次から次へと時間が足りないほど質問者がでてきます。

まだ英語が聞き取れないときは”すごいなぁ”と思ってましたが、生きた英語にも慣れて聞き取れてくるようになると、”あれ?それさっき講師が言ってたよ。いやいやなんて質問してんの?”ってのがかなり多い。

質疑応答の図

まったくお構いなしに自分の言いたいことを喋りまくってます。近くの席から「あの、それはこうですよ!」なんて声もかかります。英語は正直、、、そんな上手くありません。発音もお国訛りがキツくて聞き取りにくい。

でもそんなの気にしないんです。じゃんじゃん話します。そして自分が欲しい情報を取ったら満足して席に戻っていきます。はっきり言って空気なんか読まないです。話も聞いてない人多いし。。。

言いたいことは言い切ります

 

海外の人たちは会議でも打ち合わせでもそうなんですが、とにかく積極的に発言します。というか話が長いし、なかなかこちらに発言の機会を与えない、人が多いです。もちろん個人差ありますけど。笑

限られた中でこちらの要望を伝えて納得させてやってもらわないといけないのに話が長くてなかなかいいたいことも言わせてもらえません。このあたりの話はまた違う記事でしたいと思いますが、とにかく自分の言いたいことは最後まで言い切ります。

日本人は英語がうまい

 

いつも思うんですが、たいていの日本の人は基本的な英語力を備えています。中学、高校はもちろん大学でも英語をやっている人。そして英会話など社会人になっても英語に触れる人がほとんどです。

自信なさげな人

じゃなんで喋れないの?めちゃくちゃ私見ですがみんなほんと理想が高い。英語が話せるとはネイティブ並に話せることを意味します。なのでたまに実生活で英語を必要とされる場面に出くわして自分はネイティブ並に話せないのであまり積極的に話さないってことになりがちです。

そしてちゃんと話したとしても、まだまだだ、こんなんじゃだめだって自信をなくしたりします。これではいつまでたっても上達しません。

大丈夫、あなたは悪くない

 

なので突然訪れる英語を話すシチュエーションの時にはかならず堂々としましょう。“I’m sorry, but my English is terrible.  Please speak slowly.” なんて言う必要一切ありません。自信を持ってこう思って下さい。

私の英語を理解できないあなたが悪い、私に理解できないように話すあなたが悪い

こんなこというと「そうは言っても何言ってるかわからないことも多いし、スムースに話せないし、発音も悪いし。とにかく自身がないんです。」って思われるかもしれません。

もちろん基礎的なところである音読、発音、文法、瞬間英作文、語彙、多読は当ブログを参考にしていただいてもいいし、巷の書籍でもいいので日々練習、トレーニングをする必要があります。

でも、実際に英語を話す場面ではいちばん大事なのは”私の英語を理解できないあなたが悪い、私に理解できないように話すあなたが悪い”ってマインドです。

決意表明

理解できなかったら堂々と聞き返しましょう。相手が理解できないようであれば言い方を変えましょう。母語である日本語でも聞こえなかったり、意味が分からなかったら聞き返しますよね?相手が理解してくれなかったら違う言い方しますよね?

英語でも同じです。遠慮はいらないんです。マインドだけの説明と思ったんですが、最後に”聞き返し”、”言い換え”といった若干、テクニック的なことが出てきたのでこれについてはまた別の記事でご説明しますね。それでは。