英語上達のための考え方

独学で英語を話せるようになるために役立ったこと役立たなかったこと

英語を話すのに役に立ったことトップ

こんにちは、あたごです!今回は独学で英語を話せるようになるために役立ったこと役立たなかったことをまとめたいと思います。

英語は日本で独学で話せるようになるか

 

まず最初にこれは言っておきますね。英語は日本にいても独学で話せるようになると思います。年単位の努力が必要ですが「独学で話せるようになる」これは可能だと思います。

無料でどこまでできるか

言語なので相手は必要になってくる段階もありますが、英語を話せるようになる勉強は一人でやれるものです。

英語を話すために役に立ったもの

 

では実際に英語が話せるようになるために役立ったものをご紹介します。なるだけお金をかけずに(というかなかったので・・・)をモットーにご紹介します。

中学レベルの文法

 

英語を話せるようになるためには基本的な文法の学習が必須です。英語と日本語の文の構造の違いを体で覚える必要があります。

構造というとなんだか難しく感じてしまいますが、英語文で英単語の並ぶ順番、つまり「語順」を理解することです。

その前準備として最適なのが「中学レベルの文法」をざっとおさらいすること。一度で覚える必要はありません。

またこの段階で完璧にマスターしてしまう必要もありません。基本事項を見直して、どうしてもわからなかったら飛ばす、また戻ってきてやっても大丈夫です。

中学生
中学英語の文法を見直し。おすすめは本は教科書ガイド。その使い方と効果はTOEICの点数はまぁまぁ取ってみたものの英語が話せるというレベルにはいたらず、ほんとうに話せるようになるための勉強法を模索して音読、発...

中学英語の何が役に立ったか

 

自分が中学時代にはあんなに面白くない英語の授業だったんですが、社会人になって英語の必要性が出てきてあらためて見直すと必要なことがとてもコンパクトに纏まっていました。

日常生活、それから仕事で使う英語も中学で文法で表現できないことはほぼないと思います。

毎日の音読

 

中学文法でなんとなく理解した英語の文の「構造」を自分のものにする段階がこの音読です。

主語に始まって動詞、目的語・・・と並んでいく文法で頭で理解した英語のリズムを体で

めちゃくちゃ勉強して文法を理解しても、TOEICの問題を秒で解けるようになっても実際の英文を口出して何度も言わないとなかなか使えるようにはなりません。

音読
なぜ英語音読なのか、どんな効果があるのか、それは語順の違いの克服だった。音読で英語脳を作るこんにちは!あたごです。みなさん英語学習はいろいろやられてると思います。僕の場合はどうだったかというと。 数年間、テレビやラジオの英語...

音読の何が役に立ったか

 

中学英語は理解できていたんですが、じゃ使えるかというとそうは行きません。「勉強」で覚えたことを実践する。

「体で覚える」これを短時間に詰め込んでやるのに音読は最適の練習法でした。

発音の仕方を覚える

 

音読で体に英語の語順を覚えさせていく段階でお手本のCD(今だとMP3かも・・・)ように英文を読むにはどうしたらいいと疑問を持ちました。

英語には日本語に無い母音や子音があります。英語のどんな音が言いやすくて、言いにくいのか。

これを体感してみると英文がつながって聞こえてくる仕組みも理解できるようになってきます。

発音を練習すると英語が聞こえてくるようになるのはこのためなんですね。

発音
英語といえば発音、実はリスニングに必須!どうやって練習するの話せるようになるために音読を始めるときから気になっていたことがありました。音読の効果はわかった。 でも自分の中に染み込ませる、ある意味...

発音練習の何が役に立ったか

 

英語の発音の仕方を覚えると圧倒的に通じるようになります。これは発音が完璧になるからではないです。

発音する時の口の動きや息の出し方もかなり影響してると思います。「その口の形、行きの出し方なら○○○って言ってるのかな?」とわかってもらえます。

そしてリスニング。これはもう格段に違ってきます。自分で英語の音の出し方を練習すると聞こえてきた音が頭の中で英文として感じられるようになりました。

瞬間英作文

 

簡単な日本語(中学英語レベル)の文を瞬時に英文にする練習です。ここでは新たに覚えることはありません。なので勉強ではないですね。練習です。

「英語が話せる」って言う状態は英語でスムースなやり取りができている状態を指してると思いますが、これにはいろんなレベルがあると思います。

1.自分のものになった英語を話してるレベル

・私は犬を二匹飼っています。

・私はテレビゲームを毎日やります。

2.自分のものになっていない英語を話すレベル

・私は初めて車を運転した日のことを忘れないだろう。

1の「自分のものになっている英語」を話す場合はあまり考えなくても英文がすぐに出てくると思います。

・I have dogs.

・I play video game every day.

それでは2の「自分のものになっていない英語」の場合はどうでしょうか。

もちろんすぐに英文が出てくるる人もいると思いますが、かなり時間がかかるんじゃないでしょうか。

こういった少し複雑な英文をスラスラと出てくるように練習するのが瞬間英作文です。

ちなみに回答例はこちらです。

・I won’t forget the day when I drove a car for the first time.

スタートラインのアスリート
瞬間英作文、おすすめ教材と効果的なトレーニング方法は、期間は?瞬間英作文のおすすめ教材と僕が行った効果的だったトレーニング方法を紹介します。一日あたりどのくらいやればいいのか、トレーニング期間はどれ...

瞬間英作文の何が役立ったか

 

音読などによって頭の中に英文のストックができてくると、時間をかければ英作文して話せるようになります。

でもなかなか自分が思ったようなスピードで出てこない。そう、思ったことを口に出す練習。これが足りなかったんですね。

独り言を言う練習ってあるけど

 

よく「英語で独り言を言うといい」と聞きます。瞬間英作文も基本的には「独り言」の練習に似ていると思います。

ちがうのは例文の品質と効率の良さですかね。瞬間英作文では中学の文法事項の例文なので会話に応用できる例文です。

そして日本語と英語を交互に見ながら、まとまった量の例文を効率よく練習することができます。

これは「独り言」ではなかなか練習できない分量だと思います。

オンライン英会話

 

英語を上達させる上でやっぱり必要なのは人との実際のコミュニケーション。これもやっぱり英語が話せる環境に浸かれること重要です。

昔であればえいご漬けというと留学、ワーキングホリデーぐらいしかなくお金も時間もかかるのが一般的でした。

でも現在であればインターネットを使ったお手軽な英会話が、それもマンツーマンで話し放題のサービスがあります。

オンライン英会話の何が役立ったのか

 

オンライン英会話はワンレッスン25分間です。短く感じますか?でもこれ毎日なんです。それで安いスクールであれば、わずか6,000円程度。

僕の場合は駐在から帰ってきてからの4年間でしたが毎日受講しました。オンライン英会話の使い方はいろいろです。

僕の場合はフィリピンや東欧の先生たちの違うアクセントをきちんと聞けるようになる、英語での応答速度をあげるために役立ちました。

もちろん毎日英語漬けになるために利用するのがベストですよね。

オンライン
初心者向けオンライン英会話を効果的に使う7つのコツ低価格で毎日英会話のレッスンを受けられるオンライン英会話ですが、初心者、中級者の方向けにより効果的に使う7つのコツをまとめてみました。 ...

添削サービス

 

英語話者と話すというは話せるようになるためにわかりやすい方法ですが、もう一つ重要なのが英語を書くライティングです。

添削はフリーのアプリなどあるのですが、英語の練習という意味ではあまりおすすめはできません。

SNSのような友達作りのための交流としては悪くはないんですが、添削の質や添削自体がもらえない可能性があるとか効率があまりよくありません。

しっかりした添削を集中的に行うことによって自分のレベルがあがることは間違いありません。

添削を受けて何が良かったのか

 

自分の英語がどれだけ通じるのかが、わかることはすごく自信に繋がります。そしてなにより英文を書くのは仕事に直結します。

添削を受けることによって正しい英文の蓄積ができて、仕事でいざという時にも添削を受けた表現をもってくるなど英文を書くスピードが格段に上がりました。

英語を話すために役に立たなかったもの

 

では次に「個人的に」をつけますが、役に立たなかったものを紹介します。

英語の聞き流し

 

英語の聞き流しです。英語が話せるようになりたくて英語関連の雑誌などについてくるCDをずっと聞いていました。

効く人には効くんだと思うんですが、僕の場合は1時間聞いていたとしたら集中して聞いていたのはほんの一部で後はBGMと化していました。

聞き流し

効果が無かったとはいいませんが僕にとっては決して効率のいい学習方法ではなかったです。楽でしたけど・・・。

週に一度の英会話

 

英会話って通ってるってだけで英語ができる人!みたいなイメージありますよね。僕もありました。

僕だけなのかもしれませんが、週一回通っても外国人に慣れる(週一会うので)という効果はありましたが飛躍的に英語力が伸びることはありませんでした。

英会話

今考えると予習復習がたりなさすぎたのかもしれません、一週間に一度(しかも1時間半とか・・・)といった頻度ではなかなか難しかったです。

大量の英会話本

 

これは、、、買ってしまうんですよね。「あなたの英語はネイティブには△□☆」、「知らないと困る英語表現集」、「◯◯時間でぺらぺら」、「英語を話せるようになるためには◯◯◯だけすれば良い」とかとか。

英語学習は孤独でつらい作業なので「もっといい方法があるんじゃないか?」、「こんなこと続けてても一生話せるようにならないんじゃないか?」とかついつい思ってしまいます。

たくさんの英語の本

実際、今のようにブログやツイッターで簡単に手に入れられるいい情報も少なかったです。

なのでたくさん英語の本を買っては1度やった程度でもうやらない。もしくはほとんどの本を最後までやりきることなく「自分に合わないからこれだめ!」と次の本を買ったり。

多くのお金と時間を無駄にしましたね。ほんと・・・。

TOEIC L&Rは話すための英語に役に立つ?

 

多くの企業や学校で実践的な英語力を測るために利用されているTOEIC L&Rはその名の通りリスニング力とリーディング(読解)力を測るペーパーテストです。

TOEIC向けにまったく何も勉強せずに高得点を取ってしまう猛者も入れば、TOEIC向けの勉強(対策)を行って高得点を叩き出す人もいるでしょう。

僕の場合は最終的には試験対策で目標のスコアを取って終了しています。「TOEICで高スコアを取っても話せない」という話はよく聞きます。

これは僕の体験上、その通りで試験対策や短期の勉強でスコアを上げてしまっていたので話せるようにはなりませんでした。

じゃTOEICは無駄かというと、そうは思いませんTOEICができるということで英語に関わる仕事や機会が格段に増えました。

そして、、、「TOEICの点数高いから話せるでしょ?」って質問を受けるようになりました

TOEICは取ったけどさ。。。
TOEICの点数は取った。英語は聞ける?けど話せない。英語を話すための勉強法って? 半年ほどがんばってなんとかTOEICは885点まで行きました。目標は860点超え、そして900点だったのですが、この頃から本格的...

「英語は聞けるけど、話す方はちょっと」って、答えてました。これってものすごい嫌なことで、いつか話せるようになってやるってモチベーションの維持の助けになりました。

テストのための勉強はかなりビジネスに偏っていますが、語彙の蓄積や文法知識の蓄積にはなるのでいつかは役に立ちます。

そして何より「英語ができる(話せないかもだけど)」という証明書として世間に通用するというのが何よりのメリットです。

「英語ができる」からには話せないわけにはいかないので英語が話せるようになるトレーニングを続けるモチベーションになる。僕にとってはとても有効な試験でした。

まとめ

 

今回は日本にいたまま英語が独学で話せるようになるために役立ったこと、役立たなかったことをまとめました。

自分自身の体験をもとに書いたものなのでみなさんが同じように感じるかはわかりませんが、あれこれ悩まれてる方にはなんらか参考になるのではないかと思います。

それでは今回はこのへんで、また英語関係の情報などがありましたらレポートしますね。

オンライン英会話をやってます。
『挫折しない・オンライン英会話を継続してやる』たった3つのコツこんにちは、あたごです!今回は挫折せずにオンライン英会話を続けるコツを3つ紹介したいと思います。 オンライン英会話はパソコンはもちろん...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)