Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英語の語彙・ボキャブラリーの増やし方、おすすめの教材は

英語の語彙・ボキャブラリーの増やし方、おすすめの教材は

今回は語彙、ボキャブラリーについてです。語彙についてのトレーニングを取り入れたのは英語完全上達マップを参考に自分にあったロードマップを作って勉強を始めて1年くらい経ったことでした。

ここまでで音読から始めて発音と音読、文法と音読、瞬間英作文と音読と組み合わせてやってました。この段階で単語を入れ替えれば使える英文になるテンプレートができたような感覚になっていました。

こうなってくるとできあがったテンプレートにはめる英単語、語彙を増やして使える表現を増やしたい気持ちになってきます。

語彙・ボキャブラリーのおすすめの教材は

 

ボキャブラリー用の教材にはDUO3.0を使いました。これは重要単語1600と熟語1000語を560本の例文に入れたもので効率よく単語、熟語を覚えられるようにできてます。

単語帳に例文というは普通だと思いますが、このDUOの例文はちょっとちがうんです。一つの例文に必ず重要単語と熟語が複数入るように作られています。なのでとっても効率がいい。普通の単語帳と違うんですね。

スポンサーリンク

いまはDUOが大ヒットしたのでと同じような単語帳も出てきていると思いますが、それでも例文がよくまとまっていてDUOはすごくよくできた単語帳だと思います。本を使っての練習と同様に通勤途中で音声CDを聞いてました。

スポンサーリンク

 DUOをつかった勉強法、トレーニング法

 

DUOは3回ほどやりましたが僕が1回目にやった勉強法は次のようなものです。

1.例文を数回音読

2.知らない、はっきりわからない単語・熟語をの意味を確認

3.例文の意味を確認

4.もう一度音読

1.例文を数回音読

 

DUOの例文には3個から5個の重要単語が含まれています。短文ですが音読にも適していると思います。発音を確認しながら数回音読していました。

2.知らない、はっきりわからない単語・熟語をの意味を確認

 

ここで例文の解説を読みます。はっきり意味がわからない単語・熟語があればもちろん確認しますが、知っている単語も意味を確認します。

3.例文の意味を確認

 

例文の日本語訳の意味を確認します。英文と比べながら各単語、熟語がどのように訳されているかを確認します。

4.もう一度音読

 

最後にもう一度音読して次の例文へ。

どのくらいの量をやったか、期間は?

 

DUOは三回ほど通してやりました。最初の1回は上記の通りで1日に1セクションをやる感じです。あとの2回はざっと目を通して覚えていない、はっきりしない単語・熟語を確認しました。

めがね

期間は全部で3ヶ月ぐらいです。音読や発音、瞬間英作文とまぜながらやっていました。

DUOをつかった語彙・ボキャブラリー勉強法の効果は?

 

僕の場合は単語はほとんど知っているものばかりだったんですが、熟語について忘れていたものもはかなり勉強になりました。TOEICなどではビジネス系に偏りがちな語彙ですがDUOではより広範囲な単語・熟語が学べます。

まとめ

 

高校生の時以来の単語帳をつかった語彙の勉強でしたがDUOの例文のおかげで効率よく学べたと思います。これで基本的な語彙は身についたので次に多読に移ることになります。