Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

赤西仁の英語力、勉強法:とにかく行動アウトプット

赤西仁
オカメちゃん
オカメちゃん
おぉ!赤西仁さんですかぁ。
おもちくん
おもちくん
アメリカで大活躍ってところかな。

今回は赤西仁さんの英語力、勉強法について書いてみたいと思います。赤西仁さんはご存じの通り元KAT-TUNのメンバーですが、現在はアメリカで活躍されています。

英語がまったくできないところからハリウッド映画に出演するまでに英語を上達させたんでしょうか。まずは動画で確認ですね。

赤西仁さんの英語力って?

 

それでは動画で赤西仁さんの英語を確認してみたいと思います。ここ最近のは見つけられなかったんですが、ベトナムのメディアのものですかね。

2013年のクリスマスに公開されたキアヌ・リーブス主演の映画「47 Ronin」に大石主税 役で出演して柴咲コウさんとともにインタビューを受けた時の動画です。

柴咲コウさんには通訳の人がついていますが、赤西仁さんにはついていません。これ海外メディア含めてかなりの数をこなしてると思うんですけどやっぱり疲れるでしょうね。

でも通訳の人が同席するインタビューって赤西仁さんにとってもものすごくいい勉強になったんじゃないかと思います

オカメちゃん
オカメちゃん
あー、なんかカリフォルニアの人っぽい。

インタビュアーの英語を聞いて自分で理解して、その後通訳から日本語が出てくる。自分の理解と通訳という他人の理解がどれくらい違っているか、合っているかが確認できます。

赤西仁消火栓

海外で現地の人に囲まれて(そうならない人もかなりいます。)いると、なんというか英語をいちいち日本語に訳さずに「あー、こんなときはこんなフレーズ言うんだ」って感覚で理解してしまいます。

これはコミュニケーションって意味ではいいんですけど雰囲気で話す英語になってしまって日本語と英語をきちんと使い分けて仕事に使うといった目的からは少しズレていってしまうことになります。

海外に3年も暮せば英語なんて楽勝?

 

オカメちゃん
オカメちゃん
海外に行きさえすれば私だってペラっペラ!
おもちくん
おもちくん
うーん、、、ま、そうかもしれない。

海外に出る前に英語の基礎を終えて英語話者とストレスなくとまでは行かなくてもコミュニケーション取れるところまで行ってから海外にでるのであれば3年も海外に暮せば英語なんて楽勝ってことになってると思います。

ただし留学したのに、駐在したのに、ワーホリ行ったのに現地交流会とかって日本人とばかり集まっている場合、英語という意味ではかなり遅れを取ってしまいます。

海外で暮らすとどうしても人寂しくなって日本人と交流してしまいたくなるんですよね。。。向こうもこっちも海外にいるってことでなんかハイな状態ですっごい仲良くなれるんです。

オカメちゃん
オカメちゃん
あれ、日本語でコミュニケーションって感じ?
おもちくん
おもちくん
ま、ふつーにやるとそんな感じになることも・・・。
赤西仁

そのつながりは強くて僕も帰国後もずっと友達って人もいます。仕事でもアドバイスくれたり貴重なネットワークになっています。

でも英語の上達を考えるとかなりのマイナス。語学留学や語学をメインに海外派遣されて現地では日本人とばかり交流しているようだと本来の意味からはかなり外れた感じになります。

でも英語漬けだと環境に馴染めずホームシックや病んでしまう人も多いので一概にダメとも言えないんですけどね。ほんとバランスが大事だと思います。

オカメちゃん
オカメちゃん
むむむっ。そっかぁ。。。

赤西仁さんの英語勉強法は?

 

赤西仁さんはKAT-TUNとして2005年1月に活動を始めたんですが、その後、2006年10月から半年間、ロサンゼルスに語学留学をしています。

その後、2010年ぐらいからアメリカを拠点に活動を始めているようです。そんな赤西仁さんの勉強法は。

赤西仁さんの英語勉強法

1.洋楽を聞く

2.字幕なしの映画を見る

3.知らないた単語はすぐに調べる

4.バイリンガルの英語を真似る

5.とにかくアウトプット

さらに、赤西仁さんがこころがけたのは。。。

1.使わない表現は捨てる

2.文法は気にしない

3.英語を楽しむ

 

だったそうです。「留学はしたけど英語は独学で伸びた」ってことも言われてます。まぁ、半年ですからね。。。半年では無理があると思います。

「できない」状態から半年などの期間で変化を出そうと思うとまずは読む・書く・声に出すの音読をきっちりやる、発音練習をやるなどインプット型のトレーニングをしっかりやる必要があると思います。

オカメちゃん
オカメちゃん
結局インプットは自分でやるしかないからなぁ。
おもちくん
おもちくん
時間をかければもちろん海外で自然にインプットできるんだろうけどね。

留学のようすをテレビで見たり、行った人の話、留学に来ている人の話を聞くかぎりそんなことするようなカリキュラムはないです。

またそんなことわざわざ留学してまでやるようなことじゃないし海外にいる意味がありませんよね。英語の基礎を作ってから海外で伸ばす。これしかないと思います。

まとめ

 

さて今回はロサンゼルスを拠点にしてハリウッド映画にも出演を果たした元KAT-TUNの赤西仁さんの英語勉強法について見てみました。

文法捨ててアウトプット重視ですか。いろんな英語勉強法がありますね。ということで、これからも自分で勉強して語学を身に着けた芸能人の勉強法の情報があればどんどんご紹介していきますね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)