Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
サッカー選手の英語

本田圭佑の英語力。メルボルンでの契約・入団記者会見から

本田圭佑トップ

こんにちは、あたごです!今回は東京オリンピックを目指すと宣言したサッカー日本代表、本田圭佑選手の英語力を調べてみたいと思います。

今回は本田圭佑選手が2018年にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーに移籍した際におこなったインタビューを書き起こし和訳です。

本田圭佑の英語力

 

それでは記者会見の英語書き起こしです4分6秒あたりから、メルボルンの最初の印象を聞かれての場面からです。

Oh, well, um… so thank you for invite me, inviting me here.

えー、オーストラリアにお招き、お招きいただきありがとうございます。

I’m so happy to be here.I’m exciting.Yeah, I mean when I arrived at the airport… I have never ummm…. played English countries so far.

オーストラリアに来てとても幸せです。とてもうれしいです。えっと空港に着いて今まで英語圏の国でプレーしたことがなかったので、

So it’s weird when I talk to someone in English in passport control and every, everywhere.

入管やいろんなところで英語で話すのがとても変な感じでした。

Yeah, so I’m so glad yeah, so to I that I can try a new challenge in my career.

えっと、とてもうれしいです。はい。僕のキャリアで新しいことにチャレンジすることができます。

I’m 32 years old… Um… I was thinking to quit my career after the World Cup but luckily this club uh… offered me the great… yeah, great offer.

僕は32歳です。まぁ、ワールドカップの後、引退を考えていたんですが、幸運にもメルボルン・ビクトリーがすばらしいオファーを、はい、すばらしいオファーをくれました。

That’s changed my mind my… my career so.I appreciated that.

メルボルン・ビクトリーのオファーが僕の心を、サッカー人生を変えたんです。感謝しています。

最後のCareerの訳は「職歴、経歴、キャリア」とかですが、「サッカー人生」にしてみました。

スポンサーリンク

2017年から本田圭佑選手の専属分析官になった筆者が成功への方法を説く本です。

続いて5分39秒 辺りから「ワールドカップの後、いろんな決断をなさったと思うんですが、メルボルンとメルボルンビクトリーの何が魅力的だったんですか?」という質問に対して。

Hmmm….  So, to be honest, um… I changed my mind after I talked to Kevin (Muscat) directory.

うーん、、、、正直言って、あのケビン(ケビン・マスカット監督)と直接話してから考えを変えました。

How I got he’s um… determined person and he said to me he really wants to succeed as a club for not only the fans for Yeah ads and so he’s ambitious person.

理解したのは監督が、、、意志の強い人だということ、そして(僕が)ファンへの広告としてだけではなく、クラブが成功するために本当に必要だと言ってくれたこと。そして監督は野心的な人だということです。

I’m ambitious person as well so I really inspired him I think that’s a big big meeting for me.

僕も監督と同様、野心的な男なので監督にとても

続いて14分58秒、 何が課題かを問われて

Oh, well yeah, the first, I’m a player of Melbourne Victory right now from now from today.

あぁ、まぁ、そうですね。第一に今から、今日から僕はメルボルン・ビクトリーの選手だということ。

So I have to focus for playing well for the fans for the teammates and for everyone here.

ですからファンやチームメイト、ここ(メルボルン)の人たちみなさんのためにいいプレーをするために集中しなければなりません。

So I am… I mean, I can’t wait yeah I look forward to playing as soon as possible.

だから、言いたいことは、そう、できるだけ早く(メルボルンで)プレーできることを楽しみにしています。

And I also yeah, I’m doing a lot of things beside out of soccer but that’s not big issues.

そして、そう、サッカー以外にもたくさんのことをやっていますが、それはそんなに大きな問題ではありません。

And I have a lot of my colleague in Japan and in the US and everywhere so they are helping my activities that’s why I can focus yeah for playing soccer.  

日本とアメリカ、そしていろんなところに僕の活動を助けてくれる人がたくさんいるのでサッカーをプレーすることに集中できるんです。

16分04秒あたりのシーンで記者からこの次の質問を受けた時に本田圭佑選手が言った言葉ですが、声が小さくて聞こえなかったんですね。

I can’t get it.

(すみません)わかりません。

これいいですね。オーストラリアのメディアを前にして堂々の英語でのインタビュー。わからない/聞き取れない質問には、本田圭佑わかったふりで答えるわけではありません。

しっかりと「わかりません」と伝えます。こう伝えることによって英語話者も違う言い方にしてくれたり、やさしい単語にしてくれたり工夫をしてくれます。

何より、話をちゃんと聞いてくれてるって安心感を与えますよね。質問は「オーストラリアに住むことで楽しみなことはなんですか?」のようでした。

16:12

Yeah, I’m, at fist I want to learn Australian English.

はい、まずオーストラリア英語を学びたいです。

Ummm…. Yeah so I take English lesson everyday and I want to improve my English more.

うーん、、、まぁ、そうですね。英語のレッスンを毎日受けます。そして英語がもっとうまくなりたいですね。

Yeah, I mean, I’m exciting because I came here last time for Asian Cup.

まぁ、すごくよろこんでます。理由は前回、メルボルンに来たのはアジアカップのためで、

スポンサーリンク

夢を描いて、叶えていく男、本田圭佑のルーツを探る本です。

Um… not only I the other teammates national players also liked Melbourne very much.

僕だけじゃなく、他の代表の選手もメルボルンはとっても好きですね。

So I also look forward to living here yeah with my family and my friends my teammates and everywhere.

友だち、家族、チームメイトやみなさんとメルボルンに住むのはとても楽しみです。

So it’s nice look I really like a lot of views already yeah.

ここの景色はとても好きです。もうすでにたくさん見てますね。

18分12秒ごろから「カンボジアの代表監督になるというオファーはいつごろ受けられたんですか?」

Um.. it was the I think about four month ago.

えーっと、4ヶ月前ぐらいだったと思います。

I spoke to the Cambodian Association. I asked them, “May I become a manager of national team? Up to the same time, I’m a soccer player.”

カンボジアの(サッカー)協会と話して、「サッカー選手でありながら代表チームの監督になれますか?」と尋ねました。

 

And they said “Yes.”  It’s I think I asked them weird questions but that’s me.

すると協会の方々は「はい」と。協会の方にはへんな質問だったと思いますが、それが僕なんです。

I always tried anything what I wanted so that’s why it happened.

僕はいつも僕が望むことをやろうとします。なので代表チームの監督にもなり得た。

スポンサーリンク

〜KEISUKE HONDA CAFE SURVIVE〜

本田圭佑選手のマルチな活躍ぶりが伺える各界の著名人との対談動画です。

And luckily that this club the Melbourne Victory understand my situation and they respect my activities.

そして幸運にもこのチーム、メルボルン・ビクトリーも僕の状況を理解してくれて僕の活動を尊重してくれました。

Yeah so I mean I’m I feel pressure because I have a lot of responsibilities, I have to play well here so now.

まぁ、プレッシャーは感じます。たくさんの責任があって、ここ(メルボルン)でもいいプレーをしなければいけないからです。

I need to train well after this press conference so nice to finish this press conference now.Yeah.

この記者会見の後にもたくさん練習しなければならないので、今ここで記者会見をやめるのがいいですね。笑

Aリーグの印象などを聞かれて

Yeah so I so we have a time for first game so October 19th right? 

あぁ、そう、、、最初の試合は10月19日ですよね。

So I want to train hard with the team from today from tomorrow.

なので今日とか明日とかからチームメイトと一生懸命練習したいです。

I need time to adjust the team. I still don’t know the all the players.

チームに馴染むための時間が必要なんです。まだ他の選手全員を知らないので。

I still don’t meet them also I need to understand more about the this club’s style, how to play.

まだチームメイトにあってませんし、このチームのスタイル、戦法ももっと理解する必要があります。

Yeah so I wants to study more day by day.

一日、一日、もっと勉強する必要が必要があります。

I just arrived yesterday so that’s I’m thinking right now.

昨日、到着したので、いまそんなことを考えています。

凱旋試合の2019年アジアチャンピオンズリーグでは得点

 

2019年3月12日に行われたアジアチャンピオンズリーグのグループステージ第2節ではサンフレッチェ広島を相手にメルボルン・ビクトリーの本田圭佑選手が1得点を上げました。

試合は惜しくも1−2で負けてしまいましたが、12年ぶりのJリーグのクラブとの対戦で本田圭佑選手はしっかりと結果を残しました。

問題解決型の勉強法で劇的に上達

 

こちらの本は本田圭佑選手が推薦する英語学習本として紹介されていました。筆者の岡田翔吾さんはコンサルティング会社につとめながら英語が苦手だったそうです。

スポンサーリンク

〜 英語学習2.0〜

自身が顧客に進める問題解決の手法を英語学習に使ってみたらあら不思議!って話のようです。なんかちょっと気になりますよね。

まとめ

 

今回はサッカー日本代表、メルボルン・ビクトリーの本田圭佑選手の英語をまとめました。

日本語もそうですがシンプルな言葉でわかりやすく語ってくれますよね。発音や文法は御本人がもっと上達したいと言ってるようにまだまだなところがあります。

しかし海外でたくさんのメディアを前に物怖じせずに確認しながらどんどん発信していく力はさすがだと思います。

いま自分が持ってる力で最大限にコミュニケーションを取るにはどうしたらいいか。英語は待ってくれません。そんな時のコミュニケーション方法はこちらにまとめました。

勝利
コミュニケーション能力上げて英語力アップ英語を話すって聞くと「聞く、話す」の能力をあげないと、それには文法、語彙、リスニングってことになりますが、実際の会話ではそれだけじゃなか...

それでは今回はこの辺で、また話すための英語の情報や海外セレブの情報、有名人、著名人の英語力、勉強法など面白い情報があればお伝えしますね。それでは〜!ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)