Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

渡辺謙の英語勉強法:42歳からでも英語力は本物

渡辺謙
オカメちゃん
オカメちゃん
さぁて、渡辺謙さんだな。帰国子女とかでしょ?
おもちくん
おもちくん
いや、まったくそんなことなくて40歳過ぎてからの英語らしいよ(驚)

今回は渡辺謙さんの英語について書いてみたいと思います。渡辺謙さんは42歳から始めた英語勉強法でわずか5ヶ月でハリウッド映画のオーディションに合格し。

映画「ラストサムライ」のレッドカーペットでは通訳なしでインタビューを受けれるようになったらしいです。

5ヶ月って!どこかの英語本の帯とかに書いてそうな感じですがどんなふうに勉強したのか、悩める40代(僕も含む)に光が指しそうなことになるのかならないのか。

オカメちゃん
オカメちゃん
5ヶ月って!よし、来年はハリウッドデビューする!
おもちくん
おもちくん
オカメちゃん、英語だけじゃないから。。。

渡辺謙さんの英語力って?

 

オカメちゃん
オカメちゃん
すごい積極的!
おもちくん
おもちくん
うん、始めたばかりだと思うけど自分で答える気満々な感じだよね。

最初の動画は渡辺謙さんが最初にハリウッドに進出した映画「ラストサムライ」のときのインタビューです。これ、本格的に英語を始めてから1年後くらいなんでしょうね。

となりには通訳の女性がいるんですが、まずインタビュアーの質問を自分で確認しに行っています。

そしてわからなかったところだけ通訳に確認して自分の持てるボキャブラリーでがんばって答えてるところが好感が持てます。

 

そしてこちらは2010年にレオナルド・ディカプリオさんと共演した映画「インセプション」でのインタビュー動画です。

ラストサムライから8年、ハリウッド映画も7作目というところです。インタビュアーとのやりとりもめちゃくちゃスムース。普段の生活においてはもはやまったく問題ない感じです。

オカメちゃん
オカメちゃん
うへぇ、、、ネイティブじゃん。
おもちくん
おもちくん
大物感ハンパないよね。

このインセプションって映画なんですがどんな映画かとウィキペディアであらすじを確認してみましたが、いまいちよくわからない。なんかSFっぽい難解なストーリーです。

渡辺謙さんも最初読んでも難しくてよくわからず三回読んでやっととってもいいヒューマンドラマだとわかったって答えてます。

ということでこの動画で分かる通り渡辺謙さんは当初から自分から積極的に英語を話にいっています。

渡辺謙睨み

周りは世界的なスターばかりで気後れするところもあったと思うんですが。渡辺謙さんはどうやって5ヶ月でここまでなったんでしょうか。

渡辺謙さんの英語勉強法は?発音重視?

 

オカメちゃん
オカメちゃん
そろそろ渡辺謙さんの英語の秘密教えてっ!
おもちくん
おもちくん
はいよぉ〜!

ラストサムライのオーディションの話が来たときには断ったって話もあるのですが、オーディション前の5ヶ月間、モデル・ランゲージ・スタジオ(MLS)というスクールのドラマメソッド(R)っていう勉強法で英語をトレーニングしたようです。

このドラマメソッド(R)ですが英会話のダイアログ(対話形式)練習で状況やお互いの関係、地位など細かく設定を決めてまるでドラマで演技をするように英語を練習していくもののようです。

渡辺謙演技

MLSのホームページにはそのドラマメソッドについての説明があります。メソッドは大きく7つだそうです。

ドラマメソッド(R)7つのステップ

1.ウォーミングアップ
2.英語の発声と発音
3.文法をゲームで確認
4.会話のキャッチボール練習
5.同じ対話文を異なるシチュエーションで
6.英語でアドリブ
7.学んだ表現を使って自分の言葉で会話

あらためて渡辺謙さんの映画「ラストサムライ」のときのインタビューを見ると自分の言葉で会話をしようとしてますし、会話のキャッチボールを心がけているように思います。

これなかなか出来ないんですよね。となりに通訳がいるとついつい遠慮してしゃべらない、会話の相手は目の前のインタビュアーなのに黙ってしまう。

渡辺謙レオナルド・ディカプリオ

渡辺謙さんはかなり初期の段階から7つのステップで1日中トレーニングをしていたようなので英語イコール演技のような状態になっていたのかもしれません。

当初はハリウッド滞在中はずっとアドリブ劇をやっている感覚だったのかもしれませんね。

渡辺謙さんの英語マインドセット

 

オカメちゃん
オカメちゃん
英語のときとさぁ、日本語のときってなんか性格変わらない?
おもちくん
おもちくん
ま、日本語より英語のほうが話すのに力いるしね。そんなこともあるかも。

ところで渡辺謙さんの日本語でのインタビューってどんなだったかなと思って探してみました。なんか優しい感じですよね。

英語ってきちんと発音を練習すると日本語にはない音を出すために口の開き方や舌の位置、使う筋肉が違います。そして日本語よりも発声により力が必要なので日本語話者にとってはかなり疲れる。

そして話す内容によっては日本語と英語を行ったり来たりしながらなのでストレスもかかる。このあたりが母国語と第二言語である英語を話すときの違いなのかなと。

ドラマメソッド(R)で演技の一部から始まった渡辺謙さんの英語。まわりの英語話者のボディランゲージや相槌、リアクションなども取り入れながら進歩していってるんだと思います。

渡辺謙ゴジラ

渡辺謙さんはインタビューで「とにかく来てみたら?」、「厳しい環境に身を置かないと得られるものもない」と挑戦するマインドの大切さを伝えています。

海外で働くと最初は新しい環境で見るものも触るもの新鮮でナチュラルハイな状態なんですけど、慣れてくると自分の稚拙な英語が嫌になるし、仕事はできないしってものすごーく落ち込むんですよね。

それでも日本企業の駐在員の場合(というか僕の場合か)は、しばらくは言葉の問題もあるし猶予が与えられたりするんですけど、渡辺謙さんの場合はいきなり仕事で結果を出さなきゃいけないわけです。プレッシャーはハンパなかったと思います。

英語学習にはやっぱりパートナーが必要?

 

僕は英語学習は基礎的なところは独学で学びました。ただしこれって話せるようになるのかどうかもわからず(周りに独学で話せるようになって実例と勉強法なんてなかったので。。。)1人地道にやるのってかなり辛いです。

渡辺謙さんのように誰かが付き添ってくれてパーソナルコーチのようにやってくれるとしたらやっぱり上達も早いでしょうね。

オカメちゃん
オカメちゃん
あたごちゃんってさぁ〜、ほんとに100%独学だったっけ?
おもちくん
おもちくん
たしか、まったく身にならなかったけど一時期、マンツーマンの英会話やってたね。

いや、、、えーっともう忘れるぐらい前にマンツーマン(英語だとone on oneですね。笑)でプライベートレッスンを週に一回一時間受けてたことがありましたね。

3年くらいなんとなく続けたんですが、これがまったくだめだめ個人先生が選んだテキストで、はいここやるようって予習も復習もせず、ただただぐだぐだた受けてたって感じでした。

最初の記事のアイキャッチ
英語初心者時代にやった勉強法はじめまして「あたご」です。40代、IT企業勤務のサラリーマンです。仕事では国内向けのマーケティングに加えて、海外製品の発掘などをやって...

 

初心者のかたならバイリンガルのコーチが寄り添ってくれる英会話のスクールがおすすめです。

渡辺謙

忙しくてスクールに通う時間がない社会人にもオンライン型式であればしっかりコーチングが受けられます。

 

英語での授業にチャレンジしたい、でも初級、中級なのでしっかりとトレーニングをしてほしいということであれば同じくオンライン型式で担任制をとっている

まとめ

 

さて今回はいまやハリウッドの名優となった渡辺謙さんの英語勉強法について見てみました。最初の5ヶ月の勉強って想像以上のハードさだったんじゃないかと思います。

そして渡辺謙さんは英語も演技のひとつとしてマスターしていったんじゃないかとも感じました。

40過ぎてアメリカで勝負ってなんか自分と姿を重ね合わせてしまって、、、いや僕はそんなかっこいいもんじゃなかったです。はい。(汗)

人それぞれやっぱり違った英語勉強法がありますね。ということで、これからも自分で勉強して語学を身に着けた芸能人の勉強法の情報があればどんどんご紹介していきますね。

オカメちゃん
オカメちゃん
よーし!英語やるぞ!
おもちくん
おもちくん
がんばれ、オカメちゃん!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)