Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学英語の文法を見直し。おすすめは本は教科書ガイド。その使い方と効果は

中学英語の文法を見直し。おすすめは本は教科書ガイド。その使い方と効果は

TOEICの点数はまぁまぁ取ってみたものの英語が話せるというレベルにはいたらず、ほんとうに話せるようになるための勉強法を模索して音読、発音練習とトレーニングをやっていたころです。

音読用の本は中学の教科書を元にしたものでした。中学時代に英語をしっかりやっていたかというとまったくそんなことはありません。社会人になってここまでなんとなく英語を勉強してきたので、もう一度中学英語から文法を見直してみることにしました。

中学英語の文法を見直し

 

学校の英語と聞くと読む、書くばかりで実践的じゃない、やっても話せるようになるわけではないので無駄だ!という人が大半です。確かにそんな面もあるかもしれません。

ただし中学校のカリキュラムで学ぶ英語は基本的な文法事項、語彙をすべてカバーしていて日常会話はもちろん仕事でもそれだけでと言えるぐらいの内容です。

文法のテキスト

音読では中学の教科書ベースの教材を使ってトレーニングを進めていました。発音も発音練習でなんとなく良くなってきた。テキストの意味はわかる、語彙も問題ない。

でももう一度、基本をおさらいしておきたいという気持ちになってました。なんかちゃんとベースを固めておきたくなるんです。ちょっとでもうまくいきだすと。

見直しには最適なのは教科書ガイド

 

中学の教科書の解説書です。たぶん自分が学生の時だったら絶対やりません。面白くなさそうだし。でも社会人になって英語を話すために学ぶって気持ちでみるとぜんぜん違ったものでした。

スポンサーリンク

内容は教科書の英文とその日本語訳。小テストと解説などです。このブログを読んでくれてる人たちは中学生でこれから英語を学ぶって方ではないでしょうから問題を解く必要はないと思います。

中学校1年生から3年生の教科書ガイドがありますが僕はぜんぶやりました。1年生はすぐに終わりましたけどね。

教科書のガイドの使い方

 

僕の場合は教科書ガイドを音読本のテキストと中学文法の確認用として使いました。

教科書ガイドを使った文法の確認のやり方

1.本文と日本語訳を読んで内容を理解

2.英文を2、3回音読

3.解説を読む

4.問題を解く

5.英文を2、3回音読

「4番の問題を解く」ですが、間違えても構いませんし、答えを見ながら解いても構いません。問題が解けるようになるのが目的ではありません。あくまでも基本の文法事項の確認が目的ですのでざっとやってどんどん進んでいきましょう。

教科書ガイドを使った中学文法の見直しは音読のトレーニングと併用してやっていました。基本的には読んで理解なので通勤時間にも開いて読んでた感じです。

中学文法を見直す効果は

 

この中学文法の見直しを行う時の英語のレベルによって効果は違ってくると思いますが、僕の場合は教科書ガイドの音読のトレーニングも兼ねていました。

準備

これによって日本語訳と英文を比較する、文法の解説を読んで再確認することによって英語と日本語の語順の違いを確認して頭で納得しながら英語の感覚を身につけていけたと思います。

これによって次のステップ、アウトプットの練習である瞬間英作文の良い準備ができました。