Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
海外セレブ

ミランダ・カーとオージー(オーストラリアン)アクセントを学ぼう

ミランダ・カー

今回は勉強法、、、というよりもミランダ・カーの面白い?かわいい動画を見つけましたのでご紹介します。

VOGUE JAPANのYouTubeチャンネルがアップしたもので知らなかったですけど、ミランダ・カーさんはオーストラリア出身だったんですね。

オージ(オーストラリアン)・アクセントって?動画で確認

 

日本語の字幕付きで9分くらいの動画です。めちゃくちゃ説明してくれますので2、3分くらいでどんな違いがあるかわかると思います。

どうですかね、ミランダ・カー、、、さすがお母さん、生徒役の3人の子どもたちの扱いも手慣れたもんですね、そして35歳には見えないっなんてことじゃなくてですね。

オージーアクセントです。こりゃ、アメリカン・アクセントに慣れてたら、、、難しいですね。そのまま手加減なしに話されたらわかんないです。汗

冒頭、ミランダ・カーさんはアメリカに渡って10年って話をされて、「私まだ訛ってる?」って、かわいいです。そして、そりゃそうですよね。アクセントの話になるとやっぱりちょっと気にするかと。

オージー・アクセントって

 

もともとオーストラリアはイギリスの植民地だったことはみなさんご存知だと思いますが、そのためブリティッシュアクセントに近いです。というぐらいしか僕は知りませんでしたが動画の中で7つのステップで説明してくれています。

STEP 1 ソフトイントネーション

 

最初は特徴はソフトイントネーション。抑揚を小さく舌の動きを緩めて鼻にかかった声になるんだそうで。なんかちょっとゴニョゴニョ話してる感じになります。

これにはミランダ・カーは「私が喋ってるのそんなふうに聞こえる??」って 笑

STEP2 ”I アイ” が ”OI オイ”になる

 

”I アイ” が ”OI オイ”になるんだそうです。例に上げていた単語はこんな感じ。

・パイナップル が ポイナップル
・ファイヤーファイター(消防士) が フォイヤーフォイター
・パイレーツ が ポイレーツ
・マイリー・サイラス(アメリカの歌手/女優)が モイリー・ソイラス

って子どもたちは思いっきり訛ったやるんで、ミランダ・カーさんもちょっと(ちょっと私のアクセントそんなに変?って)困った感じになってましたね。

STEP 3 ”AY エイ” が  “AI アイ”になる

 

これは有名ですね。ただ例はいろいろ出てましたね。たとえば

May 8

ぱっと見たとき、「マイエイス?」と思いましたが、8のほうも変化するようで、子どもたちは「マイ・アイ」って読み上げてました。

MAY Eight マイアイ

STEP 4 ”A ア” が “EH エ” になる

これはけっこう物騒な例が出されてました。。笑

Dad ダッド・お父さん → Dead デッド・死んでいる

ニューヨークのマンハッタンがメンハッタンになるんだそうです。このあたりもオージーアクセントあるあるなんでしょうね。

Made in Manhattan は マイド イン メンハッタン だそうです。
(^_^;)

STEP 5 最後のT, R, G を発音しない。

 

これやられるとなかなか聞き取り難しいでしょうね。例で挙げられていたのが

Rat は “ラッ”
Goat は ”ゴー”
Darth Vader は ダース・ベイダ

Step 6 ぜんぶ疑問形 語尾が上がる

 

普通、英語で語尾をあげると疑問形になります。

Is he a doctor? ↑

で、これを利用して、語尾をあげると疑問形になったりします。

He is a doctor. ↑

Be動詞を前に出してとか一般動詞の場合はぁ、、、Do だっけ、この場合は単数だから Does か?とか悩まなくていい分、楽なんです。

たぶん、気持ちのなかでは?マークまで付いてる感じです。で、オージアクセントなんですけど、疑問系じゃなくても語尾をアゲアゲにするみたいですね。

これはですねぇ、実はやってしまいます。というか最近のアメリカの女性とか若い人たちがめっちゃやります。Uptalk っていうんですけど、楽なんで移ってしまいます。。。

日本語でいうと「〜みたいなぁ↑」ってな感じかなぁって思ってしまうんですが、実際にUptalkが特集された動画見つけました。

言語学者の研究対象になるくらいなんで、すごく広がってるんでしょうけど、イライラされることもあるみたいですね。汗

なんかちょっとネイティブっぽく聞こえるんでついついやっちゃうんですけど。。。気をつけます。

STEP7 ぜんぶ短縮形

 

これなんか日本語みたいですね。

ミランダ → ランダ

モスキート → モジー

プレゼント → プレジー

だそうです。これアクセントというか国民性のような気もしないでもないですが。。。セカオワ、キムタク、マツジュン、あ、山Pもかな。

番外編 STEP7 全部短縮といえば

 

それから来たかどうかわかりませんが、オーストラリアでマクドナルドってなんていうかご存知ですか?マック?まさかのマクド?えっと。

Macca’s マッカス

なんです。(^_^;) 全然違いますよね。オーストラリアが気合が入ってるのは看板から Macca’s マッカスなんです。

マッカス

まとめ

 

今回はちょっと企画変更してミランダ・カーのオージー・アクセント講座を見てもらいました。ミランダ・カーさんもなんかお母さんって感じでいいですねぇ。

あとこれは世界共通なんですけど、やっぱり方言、訛りのある女性はかわいい!と個人的に思う。TOEICでもオージー・アクセントでますからね。ちょっとぐらいお役に立てたかな。笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)