Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
オンライン英会話

英語上達に必須のアウトプットに最適!イングリッシュベルのDMEと瞬間英作文

イングリッシュベルトップ

みなさん英語学習っていうと単語覚えて、英語聞いて、英会話のフレーズ覚えてって感じでしょうか。

文法を勉強して字幕で映画やドラマを見たりもするかも知れません。こういった英語の知識を詰め込むインプット型の学習はとっても大事なんです。

そもそも英語の蓄えがある程度溜まっていかないと上達しないもの事実なんですが、英語が話せるようになるために重要なのがアウトプット型の学習。

アウトプット型の学習は英語の練習、英語トレーニングといったほうがしっくりするかも知れません。

今回はアウトプット型に最適なオンライン英会話のイングリッシュベル英会話 DMEメソッドと自己学習で練習可能な瞬間英作文を紹介します。

瞬間英作文って?

 

瞬間英作文は森沢洋介さんが作られた(少なくとも名称は・・・)もので最初に出されたのが「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。

今ではシリーズ化されて書籍が9冊でてますね。関連書籍は山ほど出てるので人気の学習法ってことがわかります。

スポンサーリンク

瞬間英作文のやり方は?

 

中学レベルの英文を大量に作っていくという単純なトレーニング方法ですが、本を開くと左側のページに日本語文、右にその英文という作りになっています。

左側の日本語を見て、瞬時に英作文をしていくというトレーニングです。英文は中学校で学ぶ英語なので、これだけで日常生活で使うようなフレーズのほとんどが練習できるようになっています。

詳しいやり方はこちらを見てくださいね。

スタートラインのアスリート
瞬間英作文、おすすめ教材と効果的なトレーニング方法は、期間は?瞬間英作文のおすすめ教材と僕が行った効果的だったトレーニング方法を紹介します。一日あたりどのくらいやればいいのか、トレーニング期間はどれ...

この瞬間英作文、日本語で思ったことを瞬時に英文にできるという力をつけるにはとってもいいトレーニングだと思います。

ある程度できるようになると英語話者の話についていけるようになってきますし、かなり難しいトピックも英語で言えるようになってきます。

ただし、、、一人でやるのは結構つらいです。これだけを学習していくのって慣れればなんとかなるかも知れませんがつらい。長続きしない原因の一つにもなっていると思います。

こんなときはやっぱり誰かに助けてもらいたいですよね。となると自習の次に安いところ行きたくなるわけです。そうオンライン英会話。

アウトプットにおすすめ、イングリッシュベル英会話DMEメソッドとは

 

アウトプット型のトレーニングをやるのにおすすめなのがイングリッシュベルのDMEメソッドです。

DMEメソッドとは講師が英語で質問を出して生徒が瞬時に答えていくというアウトプット型のトレーニング方法です。

ルールは5つ

DMEメソッド基本ルール

ルール1:講師の質問に答える

ルール2:講師の発音アクセントを真似て言う

ルール3:常に I’m や You’re など必ず短縮形を使う

ルール4:レッスン中テキストは見ない

ルール5:レッスンは順を追って

字にするとこれだけなんですが、実際にレッスンを受けると講師の質問を理解して英文を口に出すって練習をずっとやってくれます。

完璧じゃなくていいんです。これが重要なんですね。実際のレッスンの様子はこちら。

どうですか?難しいですか?簡単?こちらの動画を見て、「難しぃぃぃ!」とか「簡単すぎ!」とかって心配はいりません。

イングリッシュベルでは最初に英語のレベルチェックを行います。これで受講に最適なレッスンが選ばれます。

そして講師も生徒のレベルに合わせてスピードや語彙を調整してレッスンしてくれるわkです。

イングリッシュベル無料体験レッスンのようす

 

実際に僕、あたごが無料でレベルチェックとDME体験レッスンを受けたレポートはこちらです。

オンライン英会話用画像
イングリッシュベル英会話の評価、レベルテストを受けてみました。スコアも公開 オンライン英会話を紹介したまとめサイトはいろいろあるんですが、実際には受講して紹介していなかったり、あまりオンライン英会話の十分...
オンライン英会話用画像
イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを受けてみました 英語学習はインプットとアウトプットをバランスよくやる必要がありますが、オンライン英会話は最強の英語アウトプットツールだと思い...

英語学習はバランスが大事

 

「読む、聴く、書く、話す」いわゆる英語4技能ですが、英語を話す、使えるようになるにはこのすべてが大事な要素です。

学習のしやすさや検定試験の影響もあって「読む、聴く」については最初に取り組まれると思います。そしてこれをとことんやることによってTOEICなどの点数が上がっていきますよね。

ただ自分の意思を伝えるためにはそれも対面でのコミュニケーションで伝えるには書く、話すなどのアウトプット型のトレーニングが欠かせません。

スポンサーリンク

なかなか英語学習が進まない、資格には合格、高得点でも話せない、なかなかスピーキングに自信が持てないなどの場合は今日ご紹介した方法も試してみてくださいね。

まとめ

 

まとめると、、、今日ご紹介したのは

1.自己学習:瞬間英作文

2.オンライン英会話:イングリッシュベル

でした。瞬間英作文はぜひやってもらいたいですけど、なかなか続かない人も多いのでオンライン英会話、それもフリートークじゃなくてアウトプット型のレッスンで鍛えるのも効果的だと思いますよ。

日本人は英語が話せない
なぜ「日本人は英語を話せない」となるのか調べてみたGoogleの検索で日本人、英語って打つとズラッと「話せない」「訛り」「発音 ひどい」「下手」なんて言葉が出てきます。 ま、これほんと...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)