アメリカ駐在記

雑誌プレジデント2019年4月15日号の英語特集に協力しました

プレジデントトップ

こんにちは、あたごです。今回は雑誌プレジデントの2019年4月15日号のアンケートに協力させていただきましたので本のご紹介をしますね。

PRESIDENT・プレジデント4月15日号「中学英語でペラペラ喋る」

 

こちらがプレジデント4月15日号「中学英語でペラペラ喋る」の英語特集号です。春はやっぱり英語を一からやり直しって人も多いですよね。

 

「英語が苦手なのに海外駐在」

 

僕がアンケートに協力したのは78Pからの特集で「英語が苦手なのに海外駐在」という4ページものの記事です。

赴任前にやってたらなぁって準備とやらなかったことの後悔を25人にアンケートして構成されている記事なんですが、冒頭、

選ばれたエリートは海外駐在へ。しかし、現地では英語に苦労するもようだ。

と、、、エリート???ま、はい、みなさんはそうなんでしょう。で、後半の英語に苦労ってところはたくさん書かせていただきました(笑)

海外駐在員のプロフィールって?

 

実際にアンケートをされた駐在員の方々ってどんな感じかっていうと。

駐在先

 

記事ではアメリカだけでなくヨーロッパ、アジアの駐在経験者にもアンケートを実施されています。

業務内容

 

基礎的な情報としては英語でどんな業務をしてるのか。これはまぁ、メールやプレゼン、会議、とかってことなんですが、何が多いかは記事をご覧ください。

英語力

 

事前にTOEICのスコアについて聞かれてました。僕ももちろん答えましたが他の方ってどうかというと、やっぱり総じて高いなって印象です。

10年前ならもっと低かったと思うんですが、企業がTOEICを重視するようにどんどんなってること、TOEICの試験対策が進んでることこのあたりが要因ですかね。

900点以上の割合も非常に高いと思います。

 

駐在の事前準備は

 

記事にもありますが、駐在って決まってからの事前準備期間はそれほどもらえません。日本の生活をたたむので精一杯だと思います。

英語に関しては?

 

英語に関しては決まるまではTOEICの点数をとにかく早くあげておく。話せる話せないとかじゃないです。それで判断されることがほとんどなので。これは必須ですね。

点数は会社によって違うと思いますが、800〜900点とかでしょうか?これはなんとも言えません。

TOEIC
英語を勉強してもTOEICの結果が出ない!スコアを伸ばす7つのコツ英語を勉強すれば英語のテストであるTOEICのスコアが伸びていく。そのはずですよね。TOEICのスコアがよければネイティブ並みとは行かな...

個人的には会社の求める点数をとったらとにかく早く話す方の練習をしたほうがいいです。こちらは時間がかかります。

TOEICは取ったけどさ。。。
TOEICの点数は取った。英語は聞ける?けど話せない。英語を話すための勉強法って? 半年ほどがんばってなんとかTOEICは885点まで行きました。目標は860点超え、そして900点だったのですが、この頃から本格的...

実力をあげるものですが、ある程度話せるって自信をつけることが重要なんです。これがないと海外で立ち上がりがかなり遅れます。

会話の練習は記事でも書かれていましたがオンライン英会話など毎日できて格安なものがいいと思います。

オンライン
初心者向けオンライン英会話を効果的に使う7つのコツ低価格で毎日英会話のレッスンを受けられるオンライン英会話ですが、初心者、中級者の方向けにより効果的に使う7つのコツをまとめてみました。 ...

あたごはどうやって勉強してたの?

 

これは、、、話せば長いので、記事にまとめてます。(笑)

最初の記事のアイキャッチ
英語初心者時代にやった勉強法はじめまして「あたご」です。40代、IT企業勤務のサラリーマンです。 仕事では国内向けのマーケティングに加えて、海外製品の発掘などをや...

まとめ

 

今回は自分の書いた文章が雑誌に載るっていうはじめての体験でなかなか楽しかったです。他の駐在員のみなさんの話もすごく共感が持てるものばかり。

これから駐在員を行かれる方、目指してる方にも参考になるんじゃないかなって思います。プレジデントはネットはもちろんコンビニや書店、どこでも売られてる超メジャーな雑誌なのでよろしかったらご覧くださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)