芸能人の英語

仲宗根梨乃の英語、SHINeeなどKPOPアーティストを多く担当

仲宗根梨乃トップ

こんにちは、あたごです!今回はShinee、少女時代などKPOPアーチストの振付師、ダンサーとして有名な仲宗根梨乃さんの英語です。

スポンサーリンク

2012年KCONでの英語インタビュー

 

まずは2012年にロサンゼルスで行われたKPOPの祭典、KCONでのインタビューの様子です。

インビュアーは仲宗根梨乃さんと同じダンスチーム・ビートフリークスのMaryss from Parisさんです。

二人のやりとりをざっくりまとめてみました。ちなみに仲宗根梨乃さんのビートフリークスでのニックネームはRinOkinawaです。

梨乃:  戻ってきました。

Maryss:  どこに行ってたんですか?

梨乃:  日本と台湾です。

Maryss:  何をやってたんですか?

梨乃:  すごくたくさんのことはやってたので言えないです。

Maryss:  ミュージカルの振り付けですかね?

梨乃:  ですね。

Maryss:  台湾では?

梨乃:  ショー・ルオさんとエルバさんの振り付けですね。

Maryss:  そしてここではパネル(ディスカッション)で質問とかに答えたりするん得すよね。

梨乃:  はい。。。

Maryss:  梨乃さんの答えは全部、マイケル・ジャクソンなんです!

Maryss:  好きなアーティストは?マイケル・ジャクソン!

Maryss:  先生は?マイケル・ジャクソン!

Maryss:  インスピレーションを受けたのは?

梨乃:  マイケル・ジャクソンがすべて・・・そうよ。

Maryss:  カリフォルニアでは何をするんですか?少しこっちに滞在するんですよね?

梨乃:  あなたは何してなの?

Maryss:  梨乃さんに聞いてるんですよ!

Maryss:  いや、ほんとに聞きたいんですよ。一緒に遊びに行きたいし。

梨乃:  もちろん。

Maryss:  一緒にダンスもできるし、またこちらに住むんですか?

梨乃:  ええ、12月に。

Maryss:  あと一ヶ月半ですね。

梨乃:  ほんとカリフォルニアが恋しかったです。

Maryss:  何が一番、恋しかったですか?

梨乃:  私のワンちゃん!大好き!

Maryss:  他には?

梨乃:  Maryss!

仲宗根梨乃さん

スポンサーリンク

 

仲宗根梨乃さんは1979年沖縄に生まれています。現在はアメリカ、ロサンゼルスを拠点にして活動されています。

マイケル・ジャクソンでダンスに目覚める

 

仲宗根梨乃さんがダンサーになるのを決めたのは小学校5年生のときにマイケル・ジャクソンの映画「ムーンウォーカー」を見てから。

19歳で渡米して大学に通いながらダンスの修行を積みました。2004年にはジャネット・ジャクソンのバックダンサーのオーディション合格。

SHINee、東方神起、少女時代などKPOPアーティストを振付

 

2008年に韓国、SHINeeのデビュー・シングルの振付を行って以来、東方神起、少女時代など数多くのKPOPアーティストの振付を行っています。

そして2011年にはあのブリトニー・スピアーズのツアーで振付も行っています。

「今夜くらべてみました」に出演

 

仲宗根梨乃さんは2019年7月に日本テレビのバラエティ「今夜くらべてみました」に出演。

トリオTHEじっとしていられないNEW沖縄女ということで英語も交えて終始ハイテンションで攻めまくってました。(笑)

まとめ

スポンサーリンク

 

今回は話題の振付師でダンサーの仲宗根梨乃さんの英語をまとめました。

さすが高校卒業後、渡米、大学に通い、現在はロサンゼルスと長年、英語漬けの毎日で英語は完璧ですね。

2012年のKCONでのインタビューでは同じダンスチームのMaryssさんと息の合った掛け合いが良かったです。

マイケル・ジャクソンで目覚め、KPOPアーティスト向けの振付で活躍した仲宗根梨乃さん。今後の活躍も期待大です!

菅原小春トップ
菅原小春の英語力、中条あやみの憧れ世界的ダンサー、振付師の英語今回は世界的なダンサー振付師、菅原小春さんの英語力に関してまとめたいと思います。菅原小春さんとスティービー・ワンダーと共演したCMなどで...

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)