Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
TOEIC

ライザップイングリッシュ(英語)の評判は?TOEIC200点アップは可能か

パーソナルトレーナー

ライザップイングリッシュ(Rizap英語)の評判は?

 

最近はこのブログを始めたせいか英語関係の話題をフォローするようにしているのですが、やっぱりいちばん話題になっている英会話教室といえばライザップイングリッシュ(RizapEnglish)ってことになります。

ダイエットと同じように結果にコミットしてくれて2ヶ月で英語力、TOEIC Listening & Reading Test (以下TOEIC)の点数を上げると謳ってます。果たしてそんなことは可能なのか。ダイエットのように劇的な変化が得られるようなものなのか情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
ライザップイングリッシュ

英語学習とダイエットは似てる?

 

ライザップと言えば強烈なインパクトのあるダイエットで有名なプラベートジムですが、よく考えると英語学習とダイエットはとっても共通点があるんですよね。

英会話やTOEICのように「読む、聞く」、などの実用的な英語の能力を高めるには誰かに習う勉強というスタイルではだめで毎日、自分でコツコツと反復練習を行っていく必要があります。

これって今までの生活習慣を変えて自分の体質を変えていくダイエットにそっくりです。なかなか結果が出ない停滞期があったりぐんと伸びる時期があったりも似てます。

そして続かないんです。一人じゃ続かないんですモチベーションが。。。まわりがいろいろと楽しげなことをやってるんでついそっちに気が向いてしまって断念するところなんて英語学習とダイエットはそっくりです。

結果にコミット2ヶ月でTOEICを200点上げるって可能?

 

自分の経験からいうと可能だと思います。TOEICはかなり出題傾向や範囲が限られたあくまでもペーパーテストなので勉強法ややる気を継続することさえできれば短期間で点数が伸びやすいからです。

実際に会社の同僚とTOEICの週一の勉強会を行って「どう?やってる?」って進捗を確認するってほうほうで3ヶ月から半年ほどで何人も点数が伸びています。

TOEIC学習は長くやってもいいことはない

 

これはTOEICをどのように捉えているかによります。日々の英語学習のペースメーカーとして年に一回などTOEICを利用するというのももちろんありです。本来のTOEICのあるべき姿のような気もします。

ただTOEICの点数は企業や学校の昇進、進学の基準となってしまって「◯点がどうしてもほしい!」といった人たちがたくさんいるのも事実です。

TOEICは英語のリスニング、リーディングの能力を測る試験なので従来の学校での勉強のように時間をかけてやってしまいますが、実はビジネスに特化した語彙や文法が多数使われるなど範囲が限られているため短期集中のほうが効果が出やすいテストだと言えます。

そして十分に勉強しようと入試のように半年、一年後のTOEIC受験を決めて一人で勉強すると途中で進捗が見えずに途中で諦めてしまうということもよくある話です。TOEICの勉強は長くやっても経験上あまりいいことはありません。

パーソナルトレーナーは日本人で大丈夫?

 

マンツーマン英会話と言えば当然ですがネイティブ講師が相場です。ライザップイングリッシュは日本人がパーソナルトレーナーとしてつきます。これって大丈夫なのかって話です。

僕は英語の勉強・トレーニングでは基本的に独学で大丈夫って考えています。これは音読、発音、多読などのインプット系、瞬間英作文のアウトプット系の各トレーニングは習うより慣れろです。

一人でできれば問題なし。ただしツライです。進捗がなかなか見えない。わかりやすい結果が出ないんです。このわかりやすい結果の一つとしてTOEICがベストだと考えています。

RIZAP

TOEICはインプット系のトレーニングで短期間になんとかなります。これも独学でいけるんですが、やり方がわからない。やる気が続かない。

実力があってもTOEICに力を振り向けられない、テストにどうやってぶつければいいかわからない人はめちゃくちゃいます。そんな人たちに必要なのは英語母語の講師、トレーナーじゃないんですよね。相談に乗ってくれる日本人なんです。

たぶん販売という営業面だけを考えれば”ネイティブ講師が!”としたほうが有利なはずです。でもTOEICを短期間に伸ばすのが目的。これを考えればここに日本人パーソナルトレーナーを持ってきたの納得です。

ライザップイングリッシュの値段は妥当か?

 

ライザップイングリッシュのホームページにプランと料金が明記されています。ここでのメイントピックであるTOEICスコアアップコースの料金はこんな感じです。

RizapEnglish TOEIC スコアアップコース

入会金:50,000円(税別)

コース料金:328,000円(税別)
回数:全16回
期間:約2ヶ月

ライザップはダイエットもですが、英語・TOEICでも結果にコミットとしています。そして2ヶ月(60日間)のコースに対して30日間無条件全額返金保証です。

全16回なので1レッスン20,500円です。これを高いとみるか適切とみるか。通常の英会話教室ではあくまでも教室内でのレッスンなので1回のレッスンがほぼすべてです。

ライザップイングリッシュでは「シュクダイ」といわれる次回までに行う課題が必ず渡されます。ようはパーソナルトレーナーがずっと寄り添ってくれるってわけです。

となると328,000円÷60日=5,466円/日こんなところが実際の価格でしょうね。自分のためだけに2ヶ月間つきっきりで面倒を見てくれるとなると妥当なところだと思います。もちろん結果を出すって前提ですが。このあたりも自分次第のところが大きいので。

30日間の無条件全額返金保証なのでやるだけやって30日間で考えてみるというのもありますね。いずれにしても自分が向いているのかどうかよく考えてからってことになるかと思います。

ライザップイングリッシュは誰に向いてるのか?

 

オンライン英会話などに比べるとライザップイングリッシュの328,000円(全16回)+入会金50,000円は大きな出費になります。向いてるのは単純にこの金額を出せる人。やっぱり社会人が中心になるんだと思います。

もう大昔になりますが、僕も個人相手にやってる外国人(オーストラリア人、イギリス人、アメリカ人☓2人)に月2万円で4年ほどレッスンをしてもらったことがあります。楽しく週一でなんちゃって英会話を1時間やってただけです。

予習、目標なんて具体的にはセットできてませんでした。結果はその頃受けてたTOEICで600点くらい取れてた感じです。これを良いとするかどうか。4年って時間を使ったのはかなりのロスだと思います。若かったから良かったものの。。。

金額にして2万円☓48ヶ月=96万円!考えたことなかったけど、、、無駄なことしましたね。これ同じようなこと英会話だけでなくやってるんじゃないかと思います。

ライザップイングリッシュは328,000円+入会金50,000円。金額はそれなりにします。ただし2ヶ月です。ダメだった時にロスする時間は2ヶ月のみ。それで30日間無条件全額返金保証のなのでだめだったら時間にして1ヶ月のロスだけ。

最近ではTOEICの点数に対して報奨金を出す企業も多いです。900点で100万円を出す企業もありますが多くは800点程度で5万円〜30万程度の一時金、もしくは月数千円の手当が出るところさえあります。

もしそのような制度があるのであればライザップイングリッシュに挑戦してみる価値はあるかもしれません。

TOEICの点数の先にあるもののほうが大事

 

TOEICのテスト、点数、英語力に対してはいろんな評価があります。特別なTOEIC対策なんかせずに英語力を高めて受験して高得点を取る。これが理想なのはわかります。

ただTOEICはかなり分野が絞られた語彙と文法なので英語全般の勉強をしてても高得点取得までにかなりの時間を費やすことになります。

海外駐在や海外トレーニーとまでは行かないまでも、英語ができることによってより条件のいい職種に就くチャンス。英語を使った仕事をやるチャンスはいつ来るかわかりません。

その時に選ばれるのは、、、英語の勉強を一生懸命してるAさん、TOEICの点数が高い(だけの)Bさんがいたとすれば残念ながらBさんになることのほうが多いでしょう。

TOEICの点数だけが高い、英語使って仕事しろっていきなり言われてもやれないってことは点数を取った本人が一番わかってます。だけどまわりがそれを許してくれない。

すると日々、なかなか進捗の見えない本物の英語力の勉強を地道にせざるをえないです。そしてストレスなく英語を話せるようになっていく。海外を相手にビジネスをやっていく人材に自然となっていく。

TOEICの点数の先にあるもののほうが断然大事です。そのためにはTOEICなんてさっさと終わらせてしまう必要がある。と僕は思います。自分一人でモチベーションを保ちつつやれる人は独学で、そうでなければなにかの手段を考えるのも手かと。

スポンサーリンク
ライザップイングリッシュ

まとめ

 

なんとなく気になっていたライザップイングリッシュを調べてみて短期集中・寄り添い型・日本人パーソナルトレーナーってキーワードをみて昔の自分のことを思い出しながらまとめてみました。

オンライン英会話などと比べて高額なので実際に試せる人は限られてくると思いますが、TOEICのスコアをさっさと取って世界に挑戦していく人が増えていくんだろうなって思える内容でした。

しかし今考えると月額2万円でプライベートレッスンを4年近く受けてたのって、、、無駄だったなぁ。。。時間がもったいなさすぎる。はぁ。。。やっぱり大局観って必要ですね。

 

僕あたごがなかなか英語ができなかった歴史はこちらまとめてます
あたごの英語体験記カテゴリーまとめ

英語は知識だけではどうにもならないときがあります。そんな話はこちらにまとめてます
あたごの英語上達のための考え方カテゴリーまとめ

TOEICをがんばったころの話はこちらにまとめてます
あたごのTOEICカテゴリーまとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)