Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英語はどうしたら話せるようになる?話すためのロードマップ

英語はどうしたら話せるようになる?話すためのロードマップ

ほとんどの人が語学学習のゴールとする「英語を話せるようになる」ために何をしたらいいか。僕なりのロードマップをお話したいと思います。

残念ながら「これさえやればすぐにペラペラ」、「ずばり◯ヶ月で話せるようになる」、なんてことは言えません。。。そんなのあるかもしれませんけど、すくなくとも僕は見つけられませんでした。ということでロードマップはこんな感じ。

英語を話すためのロードマップ ーまずはインプットー

 

日本人の僕らは中学校から英語が始まって(今は小学校の高学年かな?)ずっと先生に英語を教科として教えてもらってきました。それは基本的な読み書きのところの話しで学校の教科としては勉強するには有効な方法だと思います。

たくさんの生徒に効率よく英語がどんなものかを知ってもらうには中学で学ぶ義務教育の英語は非常に良くできていると思います。(ずっと後になって分かりましたけど。。。)

学校の英語教育はだめ?

ここでよく出てくる話は「日本の学校の英語教育はダメだ」、「日本人が英語を話せないのは学校のカリキュラムが悪いからだ」ってことです。

これを言っている人たちの学校の英語がダメな理由は学校で勉強しても英語が話せるようにならないから。だと思います。

僕はたくさんの生徒に効率よく第二言語を学んでもらうのに授業形式で先に基礎的な単語、文法事項の知識を入れるのは悪いアイデアではないと思います。

そこから先のより実践的な話す、聞くを加えた英語は学校で座って一斉にではなく学校の活動に例えるなら部活動のように自分たちで練習してうまくなっていくようなものだと思います。

基本的な文法のインプット

 

学校で、中学校の授業で学んだ基本的なことがあるていど理解できているのであれば次のステップに行ってもいいと思うんですが、ちょっとあやしい、もしくはわからないようであれば、まずはサラッとおさらいしておくといいと思います。

基本的な文法の見直しは教科書ガイドなどを使うのがいいと思います。英語をストレスなく話すための最初のステップには中学で学ぶ文法語彙があればまったく問題ありません。

効果的に音読をやる

 

ここから学校でやらないようなことをやっていくのですが、文法や基本的な語彙のおさらいが終わったら音読に移ります。それも効果的にやるためには音読用の英語の本をノートに書きながら読み上げます。

この書きながら音読の練習をやることによって英語を話す上でもっとも重要な英語と日本語との語順の違いを体で覚えることが出来ます。

音読なんて効果あるのか?ただ読んで話せるようになるの?僕もそう思ってました。でも音読をやっていくと次にくる単語やこんな感じの文になるんじゃないかなってなんとなく想像ができるようになってきます。

英語がかたまりで入ってくるってイメージなんですが、徐々にそんな感覚がつかめるようになってくるとまずはリスニング力に変化を感じれるようになると思います。

音読は話すための英語トレーニングの土台です。テニスでいうと壁打ちやラリー、ゴルフなら打ちっぱなしのでの練習ですね。なのでこれはずっと続けていくのがいいと思います。

発音練習をやる

 

発音練習はネイティブみたいにかっこよく話すため(もちろんそれもありですけど、)ではなく、リスニング力の強化と英語をかたまりで話すのためと考えます。

発音が良くなるとリスニング力が上がるんです。発音の練習をやるときには口と舌の動かし方を学びます。そしてどのように息を吐くか。

口と舌、発音の基本的なやり方を練習すると英文を読むときに自然と発音しなくなる音や続けたほうが発音しやすいなどのいわゆる英語っぽい発音が理にかなってることを体で理解できます。

そうすると英文を見るとだいたいこんな感じに発音されるんじゃないかと想像ができて、英語話者が話すと想像と同じような音が聞こえてくるのでいままで聞けなかった(実際発音してなかったりしますが、)音が聞こえるようになってきます。

発音の練習はどうやる?気になったらこちら
英語といえば発音、実はリスニングに必須!どうやって練習するの

インプットの次はアウトプット。英作文から

 

インプットに終わりはないんですが、音読と発音練習をある程度やったら英作文に取り掛かります。これも難しいものをやる必要はありません。

瞬間英作文で基礎づくり

 

音読でやりこんだ中学英語レベルの英語を口に慣らしていく感じです。ここに使うのは瞬間英作文です。瞬間英作文は簡単な日本語文を見て英作文をしていくシンプルなトレーニングです。

瞬間英作文だけでストレスなくすらすらと英語が話せるようになるのか。英語ブログを始めて自分がやってきたこと、それぞれのステップでどうだったかを考えるんですが、瞬間英作文だけでスピーキングが上がったわけではないと思います。

瞬間英作文はスピーキングが苦手だった初期の段階。ここにはものすごく効きました。言いたいことが言いやすくなるんですから当然ですよね。

ただしこれって本人的にはあまりペラペラな感じがしません。なぜなら日本語で考えているから。日本語で考えて英作文をいままでよりも高速でやっている。できるようになった状態だからです。

英語が話せるようになっていく感覚ってこんな感じでした。いまだその途中ですが。
【英会話】英語で考えて英語で話す?

より自然に英語が出てくるようになるには瞬間英作文に加えて音読による英語のかたまりのインプットが欠かせません。一緒に合わせてやっていく感じです。

アウトプットをどんどんやる。オンライン英会話

 

音読と発音練習、瞬間英作文で作った基礎の上に英語を積み上げていくにはオンライン英会話が最適だと思います。この段階までくれば留学やワーキングホリデーっていうこともお金と時間があればありかなとも思いますが。。。

あくまで僕個人が考えるコストパフォーマンスの良い英語習得法は今であればオンライン英会話だと思います。オンライン英会話が音読と発音練習、瞬間英作文をやりこんだ人たちの英語のトレーニングにもっともオンライン英会話がいいと思う理由は5つ。

オンライン英会話がすぐれていると思う理由

1.マンツーマンでより多く話せる

2.日本語が使えない時間を簡単に作れる

3.毎日やることができる

4.時間を選ばない

5.圧倒的に安い

僕の場合は音読と発音練習、瞬間英作文をずっと練習していたんですが、その後、海外駐在員としてアメリカに3年行きました。そして戻ってきてオンライン英会話を4年間やりました。

アメリカの3年間で英語のスキルがものすごく伸びたかというとそんなことはなく、よりスムースな英語になったのは帰ってきて4年間のオンライン英会話のおかげでした。

ライティングの力をあげる、より生の英語へ

 

話すためにはただ話せばいいかというとちょっと違うかと思います。英文を作っていく力というのは書くところからも付けていく必要があります。

これには英語話者から自分が作った英文を訂正(添削)してもらうのが一番です。いまどきアプリであれば無料で簡単に英語話者の訂正を(添削)を受けることが出来ます。

おすすめはHelloTalk・ハロートークです。こちらは無料の言語交換アプリで世界中の英語話者とリアルタイムにやり取りが出来ます。

このアプリで自分が作った日記や日々感じたことなどをツイッターのタイムラインようなモーメンツに投稿していくと英語話者から添削を受けられます。

HelloTalkの使い方はこちらのシリーズでわかりますよ
HelloTalk・ハロートークの使い方、まずはインストール方法から

英語を話すの大事なのは英語力だけではない

 

HelloTalk・ハロートークにいる英語話者はオンライン英会話の講師と違ってあなたに英語を教えてくれる便利な人ではありません。言語交換のSNSなどで日本語の訂正(添削)を返すなどしてコミュニケーションを取っていく必要があります。

ここで英語力のアップもですが実際に、モーメンツ、チャット、音声通話で英語話者と話しをしていくには乗り越えなくちゃいけないハードルがあります。

気が付かないうちに乗り越えてる人もいます。そんな人にとってはなんてことない小さな小さなハードルですが僕を含む多くの人にとってはこれが原因で十分な英語力があるにもかかわらず話せないなんてことはザラです。

TOEICや英検で高い点数や級をもっていながらなかなかストレスなく話せるって人が多いのは音読、発音、英作文などのスピーキング練習が足りないのと”マインド”これがハードルになっている場合があります。

一般的に学校での勉強、英語資格などで英語力を上げてきた場合、”正解”もしくは”間違っていないこと” を重視します。また”その英語表現はネイティブにはこう聞こえる”などを気にするのも同じです。

英語で何かを話そうとする時、”これって間違ってないかな?”、”この日本語を表す英単語はなに???”や”ちょっと聞き取れなかった単語があった”などと気にしすぎると間違いが怖くて話せない、英単語が思い浮かばず話せない、考えている間に話が進んでわけがわからなくなるといったことが起きます。

これを乗り越えるには英語のスキル以外に英語を話すマインドが重要になってきます。確認していけば多少間違ってもいいし、一対一の単語が出てこなければ他の方法があります。聞こえなかったらまた聞けばいいんです。

マインドセットについてはここに詳しく書きました
英語を話すときの障害、英語を話すコツは心構え・マインドセット

いざというときのためにコミュニケーション能力を高めましょう
コミュニケーション能力上げて英語力アップ

”私は英語が話せます!”の目標はどこに置く?

 

何をもって”私は英語が話せます!”って言い切ってしまうかこれけっこう大きな問題なんですけど、みなさんどうですかね?

僕は上で紹介した「【英会話】英語で考えて英語で話す?」の記事の中で

 

第1段階:日本語で考えて英語

第2段階:”日本語で考えて英語”を高速にやる

第3段階: 英語を使って英語で

第4段階:英語、日本語、どっち?

の4段階を書いてます。僕個人の考えとしてはこの第2段階ぐらいを目標にしてみるのはどうかと思います。そして英語話者と話しをしていく中でマインドセットを鍛えて第3、第4段階に上がっていく感じです。

第2段階までは自転車で長い上り坂を登っていくようなものですが、、第3段階からは平坦な道も多くなってときには下り坂に下っているような気持ちになることもあると思います。

こうなってくると英語はきついトレーニングではなくなっているはずです。ずっと続くものですが日々の生活の中に英語が溶け込んで知らず知らずのうちに力をつけていくことができると思います。

実戦で英語力を付けていく好循環にするためのテクニックもすごく大事です。こちらに書いたので時間がある時に見てみてくださいね。

コミュニケーション能力上げて英語力アップ

まとめ

 

今回は自分の経験をもとにもっとこうやったら効率よく話せるというロードマップを書いてみました。人それぞれあった英語学習(トレーニング)方法はほかにももちろんあると思います。

僕自身もいろんな本買ってやったつもりになったり、いろんな方法を試してはダメだったりした経験があります。手応えをつかめるまでもほんとに時間がかかります。(TOEICや資格は比較的短期間で目標を達成できますが。。。)

僕はきちんと英語の勉強をやろうと思い立ったときには社会人だったので留学したりワーキングホリデーにでかけたりするようなお金も時間もなかったです。なのでできるだけ日本にいながらできるだけお金をかけずにやれる方法考えて英語トレーニングを続けてきました。

同じような状況に置かれている人たちの少しでも参考になればうれしいです。日本語ができる人なら英語はほんと誰でもできるようになると思います。僕ももっともっとコミュニケーションを取れるようになりたいです。ちょっとづつ一緒にがんばりましょう。