Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

鈴木亮平の英語力、勉強法、英検一級の実力とは

鈴木亮平
オカメちゃん
オカメちゃん
鈴木亮平さんの演技力ってすごいよねぇ〜。

おもちくん
おもちくん
演技力だけじゃなくって英語もさぁ〜。

今回は現在、NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演中の鈴木亮平さんの英語力、勉強方法について調べてみました。

鈴木亮平さんは英検一級を取得しているということで参考になることも多いのではといろいろ調べてみましたのでご紹介します。

鈴木亮平さんの英語力。まずは動画でチェック

 

オカメちゃん
オカメちゃん
確認、確認。

鈴木亮平さんの英語に関してはいろんな動画が上がっていますが、まずは2014年の映画「TOKYO TRIBE」の日本外国特派員協会での記者会見の様子から。

園 子温監督から「英語でやるの?」と話しかけれていることから鈴木亮平さんが英語で受け答えすることは事前に打ち合わせされてなかったみたいですね。

このようなシチュエーションのとき、日本語、英語のどちらで話すかはかなり悩ましいです。鈴木亮平さんが伝えたい相手は目の前の外国人記者が伝える相手、世界の人たちですよね。

なんですけど、普通はここで英語でやってしまうと「あー英語アピールしたいんだ」「通訳がいるのにドヤってるよって思われる」とかいろんな雑念が出てきてしまいます。。。

ですが鈴木亮平さんは英語、日本語と両方で自分の思いを通訳を介さずに伝えています。これできそうでなかなかできないんですよね。

通訳任せにしない彼の誠実さが伝わってくるいいシーンだと思います。これはファンにはたまりませんね。

おもちくん
おもちくん
ファンのこと考えた対応かっこいぃ〜。

日本人とネイティブ、英語話者がいるビジネスミーティングにおいて

 

オカメちゃん
オカメちゃん
英語のミーティングって、どうしても日本語でコソコソ話したくなるんだよねぇ。

おもちくん
おもちくん
うーん、、オカメちゃん、あんまりよくないよねぇ。それ。

この動画で鈴木亮平さんがすばらしいなと思ったのは園 子温監督と共演のヤング・ダイスさんにも英語で確認をとったり話しかけたりしているシーンがあることです。

英語での会議で日本人同士が日本語で長時間話し合うシーンはよく見られる光景です。そして英語話者を前にしての緊張や日本語でコミュニケーションがとれる安心感からか笑ったりもよくします。

でもですよ、これって相手からするととっても不気味ですビジネスの相手がまったくわからない言葉で自分たちだけずっと話してるわけです。そして時おりニヤニヤ笑ったりしてる。

おそらく園 子温監督は英語がわかるんだと思います。そして共演のヤング・ダイスさんは留学経験のある英語話者です。

鈴木亮平

自分たちの会話もきちんと英語で行う鈴木亮平さん。英語話者の気持ちがしっかりわかってる。

こういうところからもわかるんですが鈴木亮平さんはまわりの人にもしっかり配慮ができる仕事ができる人なんでしょうね。

英語ミーティングで日本語を話すとき

英語のミーティングでどうしても日本語で話す必要がある場合ありますよね。その場合は英語話者の相手に一言お断りを入れましょう。

Excuse me for speaking Japanese. I’d like to explain it to my colleagues.
同僚に説明したいので日本語で失礼します。

Thank you for waiting.
おまたせしました。

オカメちゃん
オカメちゃん
仕事ができる男ってかっこいいわぁ。

動画で確認:鈴木亮平さんの英語力

 

次に2016年に行われた鈴木亮平さんがCMキャラクターを務めているキリンビール「淡麗グリーンラベル」のイベント「ROPPONGI GREEN OASIS」のオープニングセレモニーに登場したときの動画です。

4日間限定でハリウッド発グルメバーガー「STOUT BURGER (スタウトバーガー)」が上陸したらしいんですが、そちらのマスターとの会話です。ちなみにスタウトバーガーって聞いたことないんだけど。まぁいいか。

うがった見方をすれば事前に用意してたんじゃないのぉ?とも思えなくもないですが、この簡単そうなやりとり実は難しいんです。

よくテレビでグルメレポートの練習をさせられるタレントさんが苦労しているのを見ますが、日本語でやるのも大変なのに英語です。バーガーのパーツのひとつひとつ、食材や味の単語。簡単そうで難しいんですよね。

オカメちゃん
オカメちゃん
食材の説明とか英語って難しいんだよねぇ。

たぶんやりとりはやるって打ち合わせはされてたんだと思いますが、味の感想とかはその場で出てきたんじゃないかと思います。

英語での説明のしかたもかなり参考になります。最初に「私はハンバーガーマニアなんです」と伝え、具体的に何がよかったかを褒めていきます。そして最後にOutstandingだってまとめるあたりさすがですね。

英語もそうですが英語話者との会話のやり方の参考になると思います。まぁこんな言われ方したら会話も弾みますね。

鈴木亮平さんの英語勉強法

 

オカメちゃん
オカメちゃん
小学校2年生で留学って!

鈴木亮平さんは小学校2年生のときにアメリカ、ロサンゼルスに留学したそうです。これ2年生で留学ってあまり考えられないので夏休み短期のホームステイとかそういったものかもしれません。

ただその時あまりに言葉が通じなくて悔しい思いをした原体験がその後の英語への思いを強くしたらしいです。

鈴木亮平

ほんとに悔しかったかどうかはわかりませんが、ちょうどうちの子と同じ年頃にアメリカの学校を体験したわけですね。

鈴木亮平さんは1983年生まれですから小学校2年といえば現在のようなインターネットも普及していないころです。

このころにアメリカを体験してたとしたら今とは比較にならないくらい大変だったと思います。

おもちくん
おもちくん
子供だからって楽ってわけじゃないんだよねぇ。

子どもが英語を短期間に習得できる理由は

僕がアメリカに駐在して自分の子どもが英語をできるようになる過程をみて実際に感じたことなんですが、子どもが若いから英語をすぐに話せるようになるなんてことは全部ウソとはいいませんが、かなり怪しいです。

大人は職場や学校で日本人とばかり付き合う、(今なら)ネットで日本のニュースや動画を見まくる。

SNSで友だちと日本にいるときと変わらず連絡を取り合うなど海外にいても日本のときとほぼ変わらないレベルで日本語の情報が入ってきます。

鈴木亮平

小さな子どもはこれが難しい環境にあります。友だちも子どもなんでがんがんに英語で話しかけてきます。

勉強も祝だなど待ったなしです。要は英語ができないと生きていけないというか追い込まれ方が大人よりも激しいんです。

鈴木亮平さんも同じような体験を子供のころにしたんだと思います。

鈴木亮平さんは高校生のときに交換留学生としてアメリカのオクラホマに留学をしています。

子どもたち
バイリンガル子育てとおすすめの子供向けオンライン英会話 今回はうちの子たちにアメリカで行ったバイリンガル子育てと日本で続けているおすすめの子供向け、大人向けオンライン英会話の話について...

テレビの番組でカウボーイみたいなのばっかりで、もっと都会に留学したかったと語っていますが、環境的に良かったんでじゃないですかね。

勉強に集中、というか日本語の情報も入ることなく英語漬けの毎日を過ごせたんじゃないかと思います。

実際に2000年頃だと思いますが、アメリカの田舎だとほんとに隔離されたような気持ちになったと思います。

帰国後、俳優になりたいって希望を持つようになり俳優になるためには東京、将来はハリウッドでもやりたいと東京外国語大学に進むことになります。ここでさらに英語力が磨かれることになります。

おもちくん
おもちくん
しっかり戦略ができてる感じがすごいよね。

英検一級を取得

 

鈴木亮平さんの英語といえば英検一級取得と必ず出てくるのですが、実力は動画で見ていただいた通り雨が概要がありません。

鈴木亮平

が、いつ英検一級を取ったのかという情報がありません。。。持ってると思いますよ実力は超一流です。資格なんてなくてもいいくらいです。少し英語話せばできるってわかりますから。

アメリカ人が認める鈴木亮平さんの英語の発音

 

オカメちゃん
オカメちゃん
ねぇ、ねぇ、どうなのよ。鈴木亮平さんの発音。

おもちくん
おもちくん
アメリカ人の友だちが驚いてたよ。

発音がいい悪いなんて話題はあまり好きじゃないんですが、アメリカ人の友だちと鈴木亮平さんが英語を話す動画を見てました。

どう思うって聞くと、「いや、めっちゃうまいねこの人!Rの発音がしっかりしてる。わけわかんないところでR入れてきたりしないし。あたご誰これ?」って。

やっぱりなぁ、発音もしっかりしてるし記者会見とかイベントとか大勢の前でこれだけきっちりしゃべれるって相当だなとは思ったんですけどアメリカ人の友人の評価も同じでした。

「鈴木亮平の中学英語で世界一周!」ってもう英語専門家

 

オカメちゃん
オカメちゃん
ここでもやっぱり中学英語かぁ。

鈴木亮平さんってなにかと英語すごいなと思いつつ本屋で英語本コーナーを見ていたら、あら、あのかの有名なスティーブ・ソレイシィさんと一緒に英会話本まで出されてました。

しっかり中身も見てきたんですが、旅先で使いそうなキーフレーズがまとめてあって解説もかなり丁寧に作られた本ですね。これは「anan」で三年間続いている連載をまとめたものだそうです。

僕も話す英語のトレーニングの最初は「中学英語」を徹底的にやりました。中学英語最強です。

鈴木亮平さんのレベルはもう非ネイティブの最高峰まで到達してるでしょうけど中学英語本とはなかなかやりますね。

スポンサーリンク

「ネイティブにはこう聞こえる!」とか「あなたの英語はここが◯◯」とか、まじめな学習者を惑わすような本じゃなくて中学英語でってしっかり実のあるところを取ってもらいたいって鈴木亮平さんのキャラに合ってる感じがします。

まとめ

 

さて鈴木亮平さんですが、現在35歳。渡辺謙さんは40歳からのハリウッドデビューです。これはぁぁ、ありえますね。ほんとに行ってほしい。オスカー取って!ほんとに!

背も高いし海外の俳優にも見劣りしないです。今回わかったけど(すみません。。。)演技に対してもストイック、海外を経験してるので環境の変化に強い。

イケルと思いますって僕は何様なんでしょうか。なんてことを思いつつ、この芸能人の英語シリーズももうちょっと続けていこうと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)