英語上達のための考え方

英語の勉強、習いごとのモチベーションを維持する、続ける、止めない7つのコツ

習慣

英語、英会話に限らず勉強、習いごと(あとダイエットもかな。笑)を続けていくのって大変ですよね。なかなか続かない。モチベーションってやつですか、これが上がらないし維持できない。

今回は英語の勉強法、トレーニング方法ではなく、みんなが悩む”続ける”ための方法。僕がやってる心がけている「英語の勉強、習いごとのモチベーションを維持する、続ける、止めない7つのコツ」ご紹介します。

スポンサーリンク

モチベーションを維持する・続ける・止めない7つのコツ

 

「毎日、学校、仕事が忙しい。やらなきゃいけことだらけで精一杯。英語ができないのは時間がないから。」

はい。そうだと思います。英語ができたら、痩せれたら、ああだったらいいなぁって思うことはたくさんあります。

ちょっとやってみるけど話せるようにならないし、勉強したところで変わらないじゃない。

そのうち「英語ってやっぱり帰国子女とか留学とか海外で暮らさないと無理なんだよね。」、「日本で英語が話せるようになるなんて嘘!」とかって始まって「自動翻訳機がすぐに出るから待つ。」なんてことに。

どうしたらいいんだ

ちょっと話が脱線しました、すみません。日本にいても英語の上達は可能って話はまたやるとして、とにかく、「続かないんです」やる気というかモチベーション。ではその難しいやる気、モチベーションを続けるコツをご紹介。

モチベーションを維持する7つのコツ

1.家族、友だちに宣言する

2.目標を小分けにする

3.3週間を一つの単位にする

4.時間を決める

5.スキマ時間を活用する

6.記録をつける

7.自分を許す

1.家族、友だちに宣言

 

スタートはやはりここからです。これまで何度挫折していたとしても大丈夫です。なにかを始めるときってまわりの協力が必要なんです。励ましだったりとかもくれたりしますしね。

まずはまわりの自分の大事な人に「これから英語を勉強して自由に話せるようになります!」と高らかに宣言してしまいましょう。

2.目標を小分けにする

 

とりわけ語学、英語は習得するまでに時間のかかるものです。すぐに結果が出れば楽なんですけどね。

ずっととしても努力しても何も得られない。やるだけ無駄と感じられることがとっても多いです。(ほんと進歩してるんですよ。感じにくいけど。)

なので目標を小分けにしていましょう。目標は見えやすいもの、わかりやすいものがいいです。最初はささいな事でかまいません。1週間続けるとか、仕事帰りにかならず英語のテキスト開くとか。

とにかくなにか達成可能な目標を立てて一つ一つ達成していきます。少しづつ難しい目標にしてもいいです。何かを達成したら次の目標へ向かっていきましょう。

3.3週間を一つの単位にする

 

1つの勉強、やり方、トレーニングを続ける単位は3週間としていました。4回やったら3ヶ月、1クォーターってことで仕事やってる人には区切りがいい感じじゃないでしょうか。

ものごとを習慣化するいくつかのステップがありますが。最初の無理やれない!って期間は1週間ほど。

飲み会や急に友だちにカフェに誘われるなどイレギュラーなことに振り回され挫折する期間は3週間だそうです。笑

つぎに飽きてくる倦怠期が訪れるんですが、ここで少しやり方を変えるのも手です。僕は自分の感覚として3週間としていました。

最近読んだ「『続ける』習慣」って本でそんなにずれてないかなと再確認しました。笑

スポンサーリンク

マンガじゃないものもあるんですが、勉強する時間を確保したいのですぐに読めるマンガのほうをご紹介しておきますね。

4.時間を決める

 

これは何かを始める最初の段階では非常に重要です。おすすめはやっぱり朝なんですけど、起きて顔を洗ってコーヒーを淹れた後とかです。

コーヒー

夜はなにかと突発的なことがありますから朝ですかね。。。でなければ毎日やるイベントの前後に持ってくるのも手です。いちばん長くて時間がある通勤通学時間とかですね。

5.スキマ時間を活用する

 

これはよくある話ですが、一日の中には細切れ時間がたくさんあります。通勤時間、休憩時間、、、トイレなど。リスニングであれば入浴中とか。

スキマ時間に英語の勉強に使えるスマホやヘッドフォンなどガジェットも最近は多いのでそのうちお気に入りのガジェットをご紹介しますね。

6.記録をつける

 

これは重要ですね。やったことをなにかにつけていくだけなんですけど達成感が違います。

音読筆写であればノート。自分が音読しながら書き写したノートが溜まっていくのはやりがいがあります。

本であれば読んだところを何かに記録をつける。ページに印を付ける。なんでもいいです。とにかく必ず少しでもいいから記録をつけましょう。

1日、1日は少しづつでも後から見直すと自分が達成したことに驚くと思います。英語は1日、1日進捗が見えるものではありません。それでも少しづつ進んでるんです。

7.自分を許す

 

1〜6までで「がんばれ、がんばれ」って続けさせようってトーンでしたけど、正直なところみなさん真面目でほんとに完璧にやろうとします。

でも突発的なことは起こります。誰にでも。なので決めたことができない。すると自分を責めてしまうんです。

「私/俺はなんてダメなやつなんだ!自分で決めたことさえ出来ないの?これで何回目?」って。

許す

1日やらなかったぐらいで変わりはしません。またやればいいんです。「できなかった!」って後悔してるその瞬間、英語の本を開きましょう。

1分でも1行でもいいです。英語、読む、声に出す。そしてまた始めましょう。

番外:なりたい自分をイメージする

スポンサーリンク

 

これって重要ですよね。ゴールがないと、がんばった後の姿が見えないとモチベーションって続きません。

いろんなやり方ありますがやっぱり憧れの存在のことを調べるっていうのもいいかもしれません。

やっぱりかっこよくなりたいですからね。ということで参考になりそうなロールモデルを数人ご紹介。

山下智久の英語201904
山下智久(山P)の英語勉強法追記:2019年7月28日 こんにちは、あたごです!みなさんやっぱり他の人の勉強法、特に芸能人の勉強法って気になりますよね。 という...
ONEOKROCKタカトップ
ワンオクTAKA(タカ)は英語をなぜ話せる?勉強法は?今回はワンオクロック(ONE OK ROCK)のボーカル TAKA(タカ)さんの英語力、勉強法について書いてみたいと思います。 ワンオ...

まとめ

 

続けることってほんとに難しいんですけど、特に英語はやればやるだけ体に染み込むようにうまくなっていくものだと思います。

短期間に急に!とかってことはなかなかありませんが、じんわりじんわりくるものです。誰にでもできるものだとも思います。

僕もまだ勉強中です。というかこんなの終わりません。笑 ちょっとづつでも一緒にがんばっていきましょう。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)