Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

岡崎慎司の英語力。英語上達の秘密はインタビューにあった。

岡崎慎司トップ

今回はサッカー日本代表、岡崎慎司選手の英語力を調べてみたいと思います。岡崎慎司選手といえば2015年にイングランド・プレミアリーグのレスター・シティでクラブ創設132年目にして初優勝に貢献するなど海外でも大活躍ですね。

岡崎慎司の英語力

 

こちらの動画はレスター・シティが2016年に公開した試合後の岡崎慎司選手のインタビューです。

このインタビューは2016年1月にアップされたものです。岡崎慎司選手がプレミアリーグに移籍したのは2015年の6月なので約半年たった頃のものです。

英語のほうは流暢というわけには行きませんが、通訳なしでしっかり対応していますよね。

試合後のインタビュー内容

 

インタビューの中身はこんな感じです。

Interviewer: You did get the first goal in the first half.  It was from close range but it was away from home again.  Why do you like scoring away from home so much?
前半に最初のゴールを決めました。近距離からのゴールでしたが”ホーム”からは離れたところでのゴールです。なぜ”ホーム”から離れてのゴールがそんなに多いんでしょうか?

Shinji: Ahhhh…. House?
えーっと、”ハウス”?

Interviewer: Not scoring at King Power Stadium yet.
キング・パワー・スタジアム(レスター・シティのホームスタジアム)でのゴールがまだないってことです。笑

※岡崎慎司選手はこの2ヶ月後にホームのキング・パワー・スタジアムでオーバーヘッドキックで初ゴールを決めてイギリスで大変な話題になってます。

岡崎慎司オーバーヘッド

Shinji: lol!  Oh, yeah….  This is nervous. Yeah.  Nervous question, yeah.  But I hope every game.  Every home game, I hope goal, score.  Then maybe, next much I hope you score then front of supporter.  It was fun.  Yeah, I am hope a score. Yeah.  I want to.
爆!あー、そう、それってナーバスなことでナーバスな質問ですよ。でも、毎試合ゴールしたいです。すべてのホームゲームでゴール、スコアしたいです。なのでたぶん次の試合。サポーターの前で得点したいです。それって楽しいし、得点したいです。

※ナーバスはセンシティブとかデリケートってことだったのかな・・・?

岡崎慎司ユニフォーム

Interviewer: The goalkeeper did his best to keep you sure out of the goal but it did cross the line.  We worried that it hadn’t.
ゴールキーパーは全力でゴールさせまいとしましたがボールはゴールラインを割ってましたね。私達はゴールじゃないのかと心配しましたが。

Shinji: Han?
(hadn’tについての聞き返し)ハン?

Interviewer:  We worried that the ball did not cross the line.
ゴールラインを割らなかったのかと心配してました。

Shinji: Ah!  Yes, so my score? It’s a yeah.  I see, I saw over the line but I saw linesman not up then.  Ah! why, why!  So, this reaction(shrugging).  But I second is I saw the board then one zero Leicester then oh! score! So this is so what to say… Yeah, I’m happy.  Then teammate coming. Ah! okay goal.  I scored.  Yeah, I understand.
あー、はい、僕の得点でしょ?えっとはい、見て、、、ボールがラインを超えたのは見たんですが、ラインズマンが(手を)上げなかったんです。「えー、なんで、なんで!」ってこのリアクション(肩をすくめる)。でも次にスコアボードが1-0レスターになったんで、おー!ゴール!なんていったらいいんだろう。そう、ハッピー!チームメイトが来て、「あ、ゴールだ、得点したんだ」ってわかりました。

岡崎慎司選手の英語のいいところ

 

まず通訳もつけずにしっかり対応しているところですかね。チーム事情なのか、岡崎慎司選手が頼んでいるのかわかりませんが、通訳はいません。

とにかく自分の言葉を伝えようとがんばってるところがしっかり分かってファンはうれしいですよね。英語はいつ必要になるかわかりませんからその時の自分の実力を出し切るしかないと思います。

英語を話すときの障害、英語を話すコツは心構え・マインドセット今回は英語の学習方法、トレーニング方法というよりもマインド。話す上でのコツ、心構え、マインドセットといったお話になります。 勉強のよう...

それから聞き返しと言い換えこれが重要です。短いインタビュー動画でしたが岡崎選手はアクセントの強いインタビュアーの言葉をそのままにせず聞き返して応答していました。

これも上達するには必須の能力です。英語を話すときは英語話者が言ってることがわからなくても「聞けなかったのがわかるのが恥ずかしい」、「説明されてわからなかったら恥ずかしい」なんてプレッシャーでつい流しがちです。

これやってるとなかなか上達しないんですよね。家に帰って「はぁ、英語だめだぁ」って反省してもまた同じことやってしまいます。恥かきたくないから。岡崎慎司選手はしっかり聞き返しと言い換えをやっています。

勝利
コミュニケーション能力上げて英語力アップ英語を話すって聞くと「聞く、話す」の能力をあげないと、それには文法、語彙、リスニングってことになりますが、実際の会話ではそれだけじゃなか...

 英語は上達中

 

岡崎選手の最近の動画もありました。英語はやっぱり上達してますね。みんなとコミュニケーションをしっかり取れてるんだと思います。

まとめ

 

今回はサッカー日本代表、岡崎慎司選手の英語をまとめました。なんか真っ直ぐな英語で好感持てました。

もともと親しみやすいキャラと言うか性格なんでしょうね。自分の言葉でファンに言いたい、そんな気持ちがすごく感じられます。

岡崎慎司ガッツポーズ

それでは今回はこの辺で、また話すための英語の情報や海外セレブの情報、有名人、著名人の英語力、勉強法など面白い情報があればお伝えしますね。それでは〜!ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)