Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
英語上達のための考え方

【英会話・ビジネス】通じる英語を話すためには声の大きさが大事です

通じる英語トップ

今度こそは英語が話せるようになりたい。英語をたくさん勉強するって思いを新たにしてる人もたくさんいるじゃないでしょうか。

オカメちゃん
オカメちゃん
なんども挫折したけどやります!

おもちくん
おもちくん
オカメちゃん(笑)

出川イングリッシュでOK!それもありかもです

 

通じる英語という意味では文法を無視したようなブロークンな英語でも通じると思います。とにかく意思を伝えなければならないときは知ってる単語を総動員して伝えることも必要です。

出川哲朗さんの「出川イングリッシュ」がこれのもっともわかり易い例だと思います。みなさんお気づきだと思いますが、これって聞き手の英語話者が理解しようとがんばってくれてるからですよね。

おもちくん
おもちくん
短時間とかこちらが何か聞き手重要な情報をもってるって立場ならこれでOKかな。

通じる英語出川イングリッシュ

では聞き手にできるだけストレスを与えないような英語を話すには何をしたらいい?文法?ボキャブラリー?発音?今回はどうしたらもっと通じる英語になるのか考えてみました。

最も大事なのは大きな声で言い切ること

 

”大きな声で英語を話す” サバイバル英語的なことになってしまいますが、今すぐできて一番効くのは方法はこれだと思います。

日本人の同僚や取引先の人と英語での会議に参加すると通じない原因の一つは声の大きさがあります。

声が小さくなってしまう原因?

1.英語は日本語と比べて発音に力必要

2.はっきりさせたくない

3.日本人に聞かれたくない

オカメちゃん
オカメちゃん
あたご・・痛いとこ付くな・・・

英語の発音は力が必要

 

英語は日本語と同じ感覚で話すとどうしても小声になってしまいます。これは一般的に英語のほうが発音時に口を大きく開いたり、下を動かしたり、多くの息をつかったりする必要があるからです。

通じる英語大きな声

日本語と同じ感覚で発音するとどうしてももごもごと聞こえづらくなってしまいます。発音のおすすめのテキストはこちらです。もうこれは王道のテキストなのでご存知かも。

スポンサーリンク

〜 ロングセラーでベストセラーの英語耳です。〜

はっきりさせたくない

 

これは僕の周りの人たちに多いだけかも知れませんが、海外の人と話す時にものごとをあまりはっきりさせたくないって人が多いです。

通じる英語あいまい

”察してくれよ”ってことなんでしょうか、最後まではっきり言わないというか、途中でやめてしまうというか、そもそも何が言いたいのかよくわからないって異なってしまいます。

オカメちゃん
オカメちゃん
自分の英語に自身がないからなんとなく濁しちゃうんだよね。

日本人に聞かれたくない

 

これって僕だけ?かもしれませんが英語話者と会話する時に日本人がいるとやりづらいです。なんか英語力を見られてる感じがして。(自意識過剰・・・。)

通じる英語恥ずかしい

なーんか声が小さくなって結果通じないってことになってしまいます。

おもちくん
おもちくん
日本人の知り合いが近くにいるとなんか見られてるような気になって英語話すのが恥ずかしくなるんだよね・・・。

とりあえずサバイバルできればいい?なわけない

 

このブログを読んでいる方って普段英語の勉強をしている、もしくはこれから話せるようになりたいって方だと思います。

そんな人たちがとりあえず出川哲朗さんみたいに英語でサバイバルできればOKなんてことはないと思います。(出川さんすごいですけどね。実際。)

通じる英語悩ましい

じゃ、そんなサバイバル英語から脱却するには?どうしたらいいんでしょうか。

オカメちゃん
オカメちゃん
ちゃんと英語話したいのっ!

文法は大事。語順が重要だからです

 

オカメちゃん
オカメちゃん
わかったとにかく声だすよ。

声っていう問題がクリアできたとして次にやっていくことってなんでしょうか。英語と日本語の違いで一番大きなもの一つに文法があります。言い換えれば語順です。

語順が重要なわけ

 

He has a textbook.

彼は教科書を持っている。

シンプルな文でさえ自然に訳すにはこんなふうに語順を入れ替える必要があります。

(1)He (2)has (3)a textbook

(1) 彼は (3)教科書を (2) 持っている。

ある程度の長さの英語をネイティブが話すナチュラルスピードで理解していくにはどうしても聞こえた順番に文の頭から理解していく必要があります。

例えばこんな文ですが。

Mary was looking at the bridge which people built five years ago through the window.

メアリーは窓越しに5年前に人々が建てた橋を見ていました。

これを文の頭から理解していく感覚はこんな感じ。

1.日本語で文頭から順に理解

(1)メアリーは(2)見ていました。(何を?)(3)橋を(なるほど)(4)人々が建てた(あ、橋の説明まだ続くんだ)(5)5年前に(5年ね)(6)窓越しに(あ、窓越しに見てたんだ)

2.一部の英単語が分かって文頭から順に理解

(1)Maryは(2)lookしていました。(何を?)(3)Bridgeを(なるほど)(4)Peopleがbuilt(あ、bridgeの説明まだ続くんだ)(5)five years前に(five yearsね)(6)window越しに(あ、window越しにlookしてたんだ)

3.もっと分かる単語が増えると・・・?

(1)Maryは(2) was looking at(what?)(3) Bridge(I see)(4)which people built(Ah, explaining the bridge is still keep going!)(5) five years ago(five years, all right)(6) through the window.(Oh! you looked it through the window)

って、、、英語を英語のまま理解ってことになりますよね?基本的な語順が頭に入って語彙が増えてくるとこんな感じになります。

語彙が足りない間は2と3を行ったり来たりって感じで、わからない語彙を話し手に確認したりしながら会話を進めていくイメージです。

語順を理解するには音読

 

英語話者のナチュラルスピードについていくために必須の語順ですが、どうやったら身につけられるんでしょうか。

英文を頭から理解していくにはいろんなほうほうがあると思いますが、僕あたごがやった方法は音読です。

そしてその音読効果を高めるためにやったのは只管筆写(しかんひっしゃ)です。平たく言うと”例文を書き取りながら音読する”です。これで英語の語順を慣れていきましょう。

音読
なぜ英語音読なのか、どんな効果があるのか、それは語順の違いの克服だった。音読で英語脳を作るこんにちは!あたごです。みなさん英語学習はいろいろやられてると思います。僕の場合はどうだったかというと。 数年間、テレビやラジオの英語...
おもちくん
おもちくん
あたごは只管筆写をめちゃくちゃやってたね・・・。

リスニングを強化したい!それなら発音練習

 

音読で英語の語順を体にインプットしていくと徐々にネイティブスピーカーの英語が聞こえやすくなってきます。

語順が分かると次にどんなフレーズになっていくかなんとなくわかるようになってくるからです。

ここで練習しておきたいのが発音。みなさんもご存知の通り英語には日本語にない母音や子音の発音がたくさんあります。

そして特にアメリカ英語なんですが、英文を一息で発音できるように単語と単語をくっつけて子音の発音をしない、音が変化するなどのリンキングやリエゾンが発生します。

例:

lot of ロォロブ

pick up ピカップ

語順と発音練習でリスニング強化

 

リスニングを強化したいから英語教材をずっと聞く。これも効果がないわけではありません。でも、、僕は効率が良くなかったです。

英語教材を聞くにしてもやったこと(発音したこと)ない音ってなかなか聞こえないんですよね。なので発音練習。

そして英語の特有の母音や子音の発音の仕方を学ぶことによってリンキングやリエゾンも理解できてくるようになります。

発音
英語といえば発音、実はリスニングに必須!どうやって練習するの話せるようになるために音読を始めるときから気になっていたことがありました。音読の効果はわかった。でも自分の中に染み込ませる、ある意味「自...

アウトプットは瞬間英作文

 

音読と発音練習でインプットした英語を”話せる”レベルまでに持っていくにはどうしても反復練習が必要になります。

これを一人でやるなら瞬間英作文です。比較的短い、簡単な英文をなんども英作文することによって英語話者との会話中に必要な英文を作る力をつけていきます。

ストップウォッチ
思ったことを英語で言いたい!瞬間英作文トレーニング、その効果は?英語を話せるようになりたいと「英語上達完全マップ」を参考に自分なりにアレンジして始めた勉強法ですが、音読、発音、文法とインプットを続けて...

この瞬間英作文、スキマ時間や通勤中にも簡単にやれてとってもありがたいスピーキングの練習方法なんですが、ひとりでやり続けるのって結構辛いです。

僕が瞬間英作文をやった当時は他に手段がなく”やる”しかなかったんですが、いまだともう少し楽しくやれるかな?って方法があります。

通じる英語楽しくやる

それはオンライン英会話を活用する方法です。オンライン英会話はアメリカから帰国後、4年間毎日受講したんですが、毎日25分間、英語学習のペースをつかむには最適な方法だと思います。

オンライン英会話を試したなかで瞬間英作文に近くて効果的だなと思ったのはふたつhanasoのhanasoメソッドとイングリッシュベルのDMEメソッドです。

どちらも瞬間英作文に似たパターン練習が特徴でオンライン英会話、というか英会話スクールのデメリットのひとつであるなんとなく受け身でレッスンが終わる(笑)っていうことを許してくれません。(汗)

hanasoメソッドはテキストに日本語の解説がついていますので初級者にも馴染みやすいかと思います。

イングリッシュベルのDMEメソッドも簡単な英文のパターン練習をやりまくる形式なので難しくはありません。

野球で言うならノック、テニスで言うなら球出し練習(多少振り回しっぽいかな(笑))です。

英語って勉強じゃなくて練習なんだなって実感できると思います。hanasoメソッドとイングリッシュベル英会話のDMEメソッドはどちらも無料で体験できますよ。

オンライン英会話用画像
hanaso英会話の口コミ:hanasoメソッドレビューオンライン英会話を紹介したまとめサイトはいろいろあるんですが、実際には受講して紹介していなかったり、あまりオンライン英会話の十分な経験が...
オンライン英会話用画像
イングリッシュベル英会話のDMEメソッドレッスンを受けてみました 英語学習はインプットとアウトプットをバランスよくやる必要がありますが、オンライン英会話は最強の英語アウトプットツールだと思い...

 

最後はマインド

 

さて、インプットをやった、アウトプット練習も十分!もうぺらぺらじゃない!って思っても話せないことってあるんです。

これって英語とかの実力じゃない世界。それこそ最初にもどって「出川イングリッシュ」なんですが、これについては他の記事に書いていますので参考にしてみてください。

長年、英語の勉強をされてきて、なんかいまいち話せる感覚がない方とかいらっしゃったら暇つぶしに見ていただくのいいかもしれません。

英語を話すときの障害、英語を話すコツは心構え・マインドセット今回は英語の学習方法、トレーニング方法というよりもマインド。話す上でのコツ、心構え、マインドセットといったお話になります。 勉強のよう...
オカメちゃん
オカメちゃん
一周回って戻るみたいな?

おもちくん
おもちくん
結局、これの繰り返しで上達していくんだな

アウトプットの練習にはオンライ英会話が一番!

 

英語ってやっぱり実戦で鍛えていくしかないところがあります。今だとどこのオンライ英会話も無料で試せるのでやってみるのも手ですね。

しっかり練習したい人におすすめのスクールはイングリッシュベルです。

イングリッシュベルトップ
英語上達に必須のアウトプットに最適!イングリッシュベルのDMEと瞬間英作文みなさん英語学習っていうと単語覚えて、英語聞いて、英会話のフレーズ覚えてって感じでしょうか。 文法を勉強して字幕で映画やドラマを見たり...

まとめ

 

今回は”通じる英語”についてすこし長めの記事を書いてみました。

お金と時間をどれだけかけられるかによって変わってくると思いますが、英語を話せるようになるにはいろんなアプローチがあると思います。

僕の場合、子どもも生まれたばかりで仕事も忙しく英語に避ける時間もお金も余りありませんでした。

そんな中でなんとか話せるようになりたいと考えた方法です。似たような境遇の人に少しでも参考になればうれしいです。

それでは今日はこのへんでまた英語勉強法、英語関係のトピックがあればお伝えしますね。それではぁ〜、ではでは!

こちらは勉強法というよりも英語ができなかった体験談です・・・。

最初の記事のアイキャッチ
英語初心者時代にやった勉強法はじめまして「あたご」です。40代、IT企業勤務のサラリーマンです。 仕事では国内向けのマーケティングに加えて、海外製品の発掘などをや...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)