Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

堀江貴文(ホリエモン)の英語勉強法:他動力って??

堀江貴文(ホリエモン)の英語勉強法:他動力って??

今回は堀江貴文さんの英語勉強法について調べてみました。堀江貴文さんと言えば起業家でたくさんの著作で有名ですが、キーワードの他動力をつけた英語の勉強本も出されてます。

堀江貴文(ホリエモン)さんの英語力を動画でチェック

 

では堀江貴文さんの英語を動画で確認してみましょう。こちらの動画は5〜6年前のものだと思いますがこの時のホリエモンさんの英語力はどんな感じですかね。

で、こちらはDMM英会話のCM用の動画です。DMM英会話は僕とうちの子達が大変お世話になっているというか受講してた(してる)ってだけですがオンライン英会話です。

こちらは3年前くらいのもの。

堀江貴文(ホリエモン)さんって最初に華々しくマスコミに取り上げらたときに英語に関してはあまり重要視してないような感じの発言をしてたように記憶してるのですが(違ったらすみません・・・。)

でも、かの東京大学出身で「英語ができれば東大は合格できる」といった発言をされてたかと思います。なので受験での英語インプットはもう普通の人よりも断然出来てるはずですよね。

この頃までは溜め込んだ英語の知識を瞬時に出すことがなかなか難しい感じです。ある意味普通。やっぱりこうなっちゃいます。

で、もっと最近の様子はないかと探してみるとこちらがありました。これは昨年のものみたいですね。僕も体験したフィリピンセブ島のオンライン英会話QQ Englishにイベントで訪問されたときのもののようです。

ちょっと周りがざわざわしてて聞きにくいですが、日本人の参加者とイベントで人狼ゲームやってる時の様子です。

発音も受け答えのスピードも内容も明らかに良くなってますよね。なんでもやること早い人だなってほんと思います。

 

QQEnglishについてはこちら。おすすめポイントは?とにかく初心者にやさしい。
QQEnglishの口コミ情報・おすすめポイントは?

DMM英会話のおすすめ教材は?リアルな英語を学べる万人向けオンライン英会話
DMM英会話のおすすめ教材は?初心者で英語を話したいなら?

堀江貴文(ホリエモン)さんの英語勉強法は?

 

さて、短い時間で英語力を向上させた堀江貴文(ホリエモン)さんの勉強法は一体どんなものなんでしょうか。

単語力をあげる

他動力前の話ですが、英語に関してまず出てきた話はとにかく単語、単語、単語。文法なんか関係ない単語さえわかれば意味は類推できるってことでした。

これで東大の英語を攻略したみたいですね。うーん、、、そんなすごいレベルで暗記だけして英文読んだことないんですが、類推できるのは間違いないと思います。

ただ、、発音とか文法無視ってことなので長めの会話となるとやっぱり厳しいんじゃないかと。発音は自分が言う方ではなくてリスニングの方に大きく影響してきます。

単語はたくさん覚えても(目でね。)それが実際に聞こえてきたときに頭の中のたくさんの英単語とリンクさせられないんです。発音やっとかないと。

それが最初の動画には出てると思います。リスニング強化にはもちろんたくさん映画を見る、動画を見る、CNNを見る、TOEICの音声をiPhoneで聞きまくるでもいいですよ。

ただし個人的な意見として聞いてもらいたいんですが、”リスニングしまくる”は効率が悪いです。むちゃくちゃ時間がかかります(ました)。なので挫折もしやすいです(しやすかったです。)

ということで僕は発音練習を取り入れてリスニングの練習とともにやりました。人それぞれあった方法はあると思いますのでご参考までということで。

実践あるのみ

 

社会人になってからというかここ数年の英語力の変化の秘密はというと、正直、具体的なことはよくわかりません。

ただし英語の他動力の中にはそのヒントがたくさんありました。堀江貴文(ホリエモン)さんはWAGYU MAFIA という日本の牛肉の海外展開を助ける活動で年の3分の1を海外で過ごしたそうです。

その活動の中でとにかく英語がないと行きていけないという状況下で実践的な英語を鍛えていったようです。

続けること

 

これは英語学習では避けては通れませんね。どうしてもある一定期間は英語の練習、トレーニングの期間が必要だと思います。

ここにも堀江貴文(ホリエモン)さんのノウハウはありました。いろんなノウハウがあるんで詳細は本を確認していただきたいですが、一つは好きなることと。

理由は何でも好きなれるものを見つけるというのが大事なようです。飽きたらどんどん教材を写っていいって話も出てました。なるほどねぇ。

 

世界を見るために

 

堀江貴文(ホリエモン)さんはG人材、L人材という言い方をしていましたが、要は世界で通じる人になるか、なれるかどうかです。

何者にも頼れない世の中になる、自分の力で立っていけってことなんでしょうね。これはほんとおっしゃる通りだと思います。どこにでも持っていけるポータブルなスキルを一つでも多く持ちたいですね。

そのためには英語が必要、機械翻訳の進歩はあるとは思うが自分の感性で直感的に理解する、手っ取り早く情報を得るためには英語は必要だそうです。

英語を話せるようになるまでの僕なりの考えまとめ
英語はどうしたら話せるようになる?話すためのロードマップ

まとめ

 

ということで堀江貴文(ホリエモン)さんの勉強法が詰まった最新刊、英語他動力は各界の英語著名人のインタビューなども参考になると思います。

スポンサーリンク

僕も読んでみましたけどかなり読みやすくてモチベーションはあがります。やっぱり起業家、人の心を掴むのは本当に上手いと思います。

英語を続けてることのビジョンを示してくれる感じです。僕はそんなにホリエモン推しってわけでもないんですが、トピックが英語だとやっぱりのめり込みますね。笑

ということで、これからも自分で勉強して語学を身につけた有名人・芸能人の勉強法の情報があればどんどんご紹介していきますね。

 

芸能人の英語といえば

ほかの有名人、芸能人の英語勉強法ってどうなってるの?けっこう参考になりますよ。
・有名人、芸能人の勉強法はこちらに集めました

発音に関してはこちらをごらんください。
英語といえば発音、実はリスニングに必須!どうやって練習するの

メンタリストDaiGoの英語勉強法はやっぱりマインドから?
・メンタリストDaiGo(ダイゴ)の英語勉強法