Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【英会話】英語で考えて英語で話す?

【英会話】英語で考えて英語で話す?

ネット上でいくつかの英語のコミュニティに入っていますが、よく話題に上がっているのが「つい日本語で考えてしまう」、「英語で考えるようにしよう」ってやつです。

英語を一言も聞き漏らさず、英語で考えて英語で答える。いかにもネイティブっぽくてかっこいいです。まさに英語学習者にとっての最終型ですよね。てことで憧れの「英語で考えて英語で話す」を考えてみました。

あたごの現在のレベル

 

自分の体験談を語るので、あたごの現在の英語のレベルをお伝えします。TOEICは8年ほど前に885点を取ってから受けてません。その後、3年ほど仕事でアメリカに住んでます。帰国後は4年間、毎日オンライン英会話とやって英語の日記を付けてました。

仕事上では週に何度かメール、打ち合わせ、電話会議などを英語で行っています。仕事上ではほぼ困ることはありませんが、映画やテレビなどは知らない分野や話題が増えるので30%〜80%ぐらいの理解だと思います。

英語で考える

 

「英語で考える」、「英語で独り言をいう」、これってずいぶん昔から言われてることで今みたいにオンライン英会話などがないとインタラクティブに英語を使う場面がなかった頃は「英語で独り言をいう」もそれなりに意味があったかもしれません。

ただし「英語で独り言をいう」はできるとは思いますが、「英語で考える」は出来ませんでした。そもそも学習段階で頭にまったく英語が入っていないの英語で考えるなんてできるはずがありません。

そんなことできる?

いきなり「英語で考える」とかって無理な話を英語学習者にすすめるなんて、いくら英語教材のマーケティングにしてもひどい話だと今では思います。

でも、「英語で考えよう!」なんて言われるとなんか「あー、それいい!ネイティブはそうしてるはずだし、そうすべき!」なんて思ってしまうんですよね。

英語を話すにやったこと

 

英語を話せるようになるまでに主にやったことは音読、発音練習、瞬間英作文、多読などです。そしてこれに加えて最後に大事なのはメンタルです。このあたりのことは他の記事に書いていますのでお時間あれば見てもらえればと思います。

音読、発音練習、瞬間英作文、多読など話すためのトレーニングをやってる間に「何語で考えてる」ってことから考えると起こった変化は次のような感じのことです。

 

日本語で考えて英語

 

最初の段階はあたりまえですが、「日本語で考えて英語」これです。「いちばん近いバス停はどこですか?」ってえーっとバス停?bus stop、近いでnear?、場所聞くのってWhere、、いちばんだから最上級か、順番は??ってひとしきりやってから Where is the nearest bus stop? と組み立てます。

僕の「英語で独り言」も結局はこれをやってただけです。なので英語で考えることとは違ってました。僕は「英語で独り言」をちょっと誤解してて「英語で考える」同じに捉えてました。

”日本語で考えて英語”を高速にやる

 

次の段階でも英語で考えるって訳にはいきませんでした。ただし瞬間英作文などのトレーニングを積むと先ほどの

いちばん近いバス停はどこですか?」ってえーっとバス停?bus stop、近いでnear?、場所聞くのってWhere、、いちばんだから最上級か、順番は??ってひとしきりやってから Where is the nearest bus stop?”

この部分を高速にやれるようになってきます。この段階では周りから見ればかなり英語ができる人ではあるんですけど、本人的には不満足な状態が続きます。

英語を使って英語で

 

英語に慣れてくるといちいち日本語に訳さなくなってきます。感覚的には和製英語を使ってるような感じです。リスク、コンプライアンスなどを”危険度”、”法令順守”なんて頭のなかでいちいち訳さないと思うんですが、そんな感覚です。

He, She, I, get, like なんて簡単な単語から始まってどんどん使える語彙が増えていくと訳さなくても英語の語順にさえ気をつけていれば話せるようになってきます。

この段階くらいからずいぶん楽に英語が使えるような気がしてきます。あとはもっと慣れるだけって段階です。

英語、日本語、どっち?

 

僕の今の英語を話している時の状態は正直、よくわからないのですが、英語、日本語ってあまり意識がありません。英語が入ってきて頭のなかに相手が言っていることのイメージができて、次に自分がいいたいことのイメージができてそれを英語で出してる感じです。

ただし自分の中にないボキャブラリーやトピックが出てきた時は日本語の知識の中で対処しようとします。そして違う言い方で説明する感じです。

「工場」って言葉が出てこない、もしくは知らなかったら”(えっと、場所だよね)It’s a place…(なんか作ってるとこで) where produces something… (機械がいっぱいあって)and has lots of machines…” なんて感じでやってます。

英語で考えるってよりも必死で英語を考えなくても良くなってくるような感覚かと思います。なんか英語の単語が出てくるんだけど、いや言いたいことこれじゃないよなって。ちがう単語、語順で出てくる感じですかね。

まとめ

 

ほんとうの日英バイリンガルの人たちが日本語と英語のどっちで考えてるなんてよく分かりませんが僕の今のレベルの話まではしてみました。この後、どうなっていくのか次の段階があるのかよくわかりません。

語学は勉強しても日々ほとんど成長が感じられないので”どうせ海外経験や留学経験がないと話せるようにならないんでしょ!”途中で諦めてしまいがちです。

バイリンガル

英語はすぐにできるようになるとはいいませんが、日本語が話せるのであれば誰でもできるようになるとは思います。ものすごくお金かけることなくです。

近道は、たぶんありませんが、、、(;´∀`) 道がないなんてこともありません。毎日ちょっとづつでいいんで、がんばっていきましょう!

 

英語がずーっとできなかった僕の歴史と現在はシリーズでどうぞ。。。