Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

ウエンツ瑛士の英語力。イギリスロンドン留学は成功するのか?

ウエンツ瑛士トップ

今回はウエンツ瑛士さんの英語力、イギリスはロンドンへの留学は成功するのかについて調べてみました。

ウエンツ瑛士さんと言えば、ハーフタレントでバラエティで大活躍ですが、舞台でも活躍されてたんですね。

ウエンツ瑛士の英語力

 

ウエンツ瑛士さんの英語力ですが、本人がはっきりと「英語は喋れない」と公言するほどでまったくと言ってないらしいです。

ウエンツ瑛士1

いろいろと調べてみましたがそれっぽい動画もなし。メディアなどの露出ではまったく英語を披露されたことはないようです。

ウエンツ瑛士さんは1985年に東京で生まれます。お父さんはドイツ系アメリカ人、お母さんは日本人です。

ルックスは見ての通りで日本人離れした感じですが、家庭の中でお父さんは英語をあまり使わなかったんでしょうね。お父さんとお母さんの会話も日本語だったのかも知れません。

ウエンツ瑛士2

こうなってくるとまったく英語を話せるようになる機会はなくなるので英語が話せないっていうはほんとなんでしょうね。

イギリス・ロンドンへ演劇の勉強のため留学

 

今年(2018年)8月、ウエンツ瑛士さんは火曜サプライズの中で10月から舞台演劇の勉強のため1年半の間、イギリス、ロンドンへ留学することを発表しました。

ウエンツ瑛士3

これにはびっくりされた方も多いんじゃないかと思いますが、ウエンツ瑛士さんはバラエティ番組でおなじみですが、子役の頃から定期的に舞台に出演されていたそうです。

そしていつかロンドンの舞台で演じてみたいとの夢を持たれていたそうです。なるほどねぇ。

ウエンツ瑛士さんの留学はどんな感じになりそうか

 

これは正式に発表されているわけではありませんが、最初の半年は語学学校、その後の一年は演劇の学校という見方が出ています。

半年間の語学学校ですが、これは英語ができるようなるというよりも生活に慣れるって期間であればいいと思います。

海外での生活は何かと立ち上げに時間がかかります。最初の半年ぐらいは慣れるのに精一杯でしょう。

ウエンツ瑛士4

最初から自分の学びたい演劇に入ってしまうよりもしっかりと生活の基盤を築いてからっていうのであればなんか成功しそうな感じがします。

とにかく海外の生活は日本と細かいことからいちいち違うので戸惑うことも多いです。半年を有効に使えるとしたらとっても有利だと思います。

英語ができなくても大丈夫?

 

これってやっぱりできたほうがいいのは当たり前です。ただしウエンツ瑛士さんの目的は演劇を学ぶこと。

語学じゃないです。英語をゼロから半年でベースを作って後の一年でネイティブ並みになろうというのは大人になってからは正直キツイです。

もちろん中学、高校で学んだことが活かせるのでゼロってわけじゃないでしょうけど、自然と言葉が出てくるようになるにはインプット、アウトプットの練習が欠かせません。

最初のレベルにもよりますが、1年半でベースができるくらいが無理のないところかと思います。

ウエンツ瑛士5

じゃ演劇を学ぶことができないかって言われるとそんなことはないかなと。ウエンツ瑛士さんは演劇の経験が豊富です。

ある程度生活に慣れてしまえば演劇のレッスンの英語などは感覚でわかると思います。うちの子供たちも英語がまったくできない時にアメリカでテニスのレッスンを受けましたが特に問題なくやれていました。

これは日本でテニスをやっていたためコーチが言うことが普通に理解できていたってことです。当たり前といえば当たり前ですね。

留学、ワーキングホリデーなどはおすすめ?

 

これはもうその人次第としか言いようがないんですが、留学、ワーキングホリデー、バックパックなどは多くの人が「行かないとわからない世界がある!」とやたらと背中を押してきます。

おっしゃる通りで否定はしません。でも人それぞれ事情はあって、考えるべきはやっぱり次の3つのバランスなんじゃないでしょうか。

とにかく海外って背中を押される前に

お金

時間

目的

お金

 

バックパッカーなどは海外でお金を使わずにがコンセプトなのでかからなさそうですが、社会人であれば仕事をやめることになるのでそちらのマイナスが大きいですよね。

ウエンツ瑛士6

留学はもちろん学費に生活費、ワーキングホリデーにしても全額稼げるわけではありません。なので、、、これに耐えられるだけの資金があるか。あるから検討してるんでしょうけどね。。。

時間

 

これはぁ、ワーキングホリデーなら一年とかって決まっていますが、留学などはそれこそ一週間とかからあります。

どれだけ自分の人生の中から海外での生活のために費やせるのか、それによって得られるものは?

ウエンツ瑛士7

学生ならまだいいですが、(お金は大変ですけど)社会人はその後のキャリアにかかってきますから、これ大きいですよね。

目的

 

これですよねぇ、、、語学なら事前の勉強というか英語のトレーニングを相当やっておかないと留学だけで英語がネイティブ並みにとはいかないです。

1年半って期間、海外にいるような人たちをたくさん見てきましたが、語学に関してはほとんど変化なしっていうが実態かと思います。(もちろん人によりますよ。)

ウエンツ瑛士8

語学力の向上を留学だけに頼った場合はなかなか厳しいものがあるなぁというのが実感です。もちろん”I wanna!”、”You know?”とかってそれっぽく言ったりSNSに投稿したりはされますが。

ウエンツ瑛士さんのように”演劇の勉強”といった語学以外のはっきりとした目標があるのであれば1年などの短期での留学も成功するのかなって思います。

TOEICは取ったけどさ。。。
TOEICの点数は取った。英語は聞ける?けど話せない。英語を話すための勉強法って? 半年ほどがんばってなんとかTOEICは885点まで行きました。目標は860点超え、そして900点だったのですが、この頃から本格的...

まとめ

 

今回はウエンツ瑛士さんの英語力、イギリス・ロンドン留学は成功するのかを調べてみました。

人気ものなので1年半の時間を調整するのは並大抵のことじゃなかったと思いますが、自分の夢のために挑戦する姿っってかっこいいですね。やっぱりやり遂げてしまうんじゃないかと思います。

それでは今回はこのあたりで、またストレスなく話すための英語情報や海外セレブの情報、有名人、芸能人の英語力、勉強法などおもしろ情報があればお伝えしていきますね。それではぁ〜!ではでは。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)