山下智久の英語

山下智久、初めてのレコードはジェームス・ブラウン

山下智久アトミックレコード店内

こんにちは、あたご です。今回は山下智久さんがグラミー賞の特集で訪れたロサンゼルスでレコード店をレポートした様子をお伝えしますね。

オカメちゃん
オカメちゃん
山Pならではの企画ぅ〜!

おもちくん
おもちくん
ほんとこういうの自然にこなすよね〜

山Pが訪ねたレコード店・Atomic Records

 

山下智久さんが訪ねたロサンゼルスのレコード店はこちらの Atomic Records です。

山下智久アトミックレコード

外から見た感じは典型的なアメリカの店構えというか、僕の勝手なイメージですけどこんな感じのお店が多いですね。

場所はこちら。

番組ではおしゃれな店内も紹介されていました。

山下智久アトミックレコード店内

なんか店内も懐かしい感じでおしゃれですよね。地元でも人気店だそうです。

山下智久さんのアナログレコード店レポート

 

山下智久さんを出迎えたのはオーナーのリック・アルパー(Rick Alper)さん、やり取りの内容は大体こんな感じだったかと。

爽やかに挨拶から

 

Tomo:  Hi!  Good to see you!

こんにちは、お会いできてうれしいです。

Rick:  Hi! Rick. Nice to meet you!  Welcome to Atomic Records.

こんにちは、はじめましてリックです。アトミックレコードへようこそ。

※ See は二回目以降に使います。初めての場合はMeet。なので、Nice to meet you. が最初で、二回目はNice to see you. となります。

スポンサーリンク

2019年2月発売シングル:Reason/Never Lose

たぶん、山下智久さんロスに来ていろんな人に再開してGood to see you! っていい慣れて思わず出たんだと思います。

オカメちゃん
オカメちゃん
あたご、そういうくだらないツッコミいらないから。

ちゃんと聞いてますよ!

 

Tomo:  When did you start this store?

いつこのお店は始められたんですか?

Rick:  We started the store twenty four years ago.

このお店は24年前に始めました。

Tomo:  Twenty four years ago…  Wow!

24年前ですか、すごいですね。

Rick:  Uh-huh.

えぇ。

リックさんの24年前って答えに、山下智久(山P)さん、”24年前ですか、”ってすぐにオウム返しをしてます。

これ、いいですよね。。。会話の最初って、相手がなにか言っても、つい、「・・・」ってスルーしたり、「(うなずく)」または「(笑顔)」とかってやってしまうんですが、

スポンサーリンク

2019年2月発売シングル:Reason/Never Lose

すぐに相手が言ったことを返す。「\(^o^)/ちゃんと聞いてます!」って伝わるし、リアクションがいいと相手も乗ってきます。

アナログレコードって英語で?

 

Tomo:  I actually… I’m not the generation of the…  listen to the vinyl record.  Could you tell me about it?

あの、僕は、実は、、、レコードを聞いてた世代じゃないんです。(なので)レコードについて教えていただけますか?

ここなんですが・・・vinyl って山下智久さんなんって言ってるのかよくわからず。えっとスラング?って調べると。

Vinyl

意味は日本語で言うところのビニールです。レコードのことをVinyl recordというらしく、そして発音が日本語とめっちゃ違う。

ヴァニルって感じです。これ聞いて思い出したのはアメリカでビニール袋が欲しくてCan I have ビニール・バッグ?ってまったく通じず。

バイリンガルの同僚に聞くと「ビニール?いわなーい!プラスティック・バッグ」って教えてもらい。

ビニールという言葉はアメリカには存在せず!と辞書も見ずに終わらせていました。発音がまったく違うだけでした。

ちなみにビニール袋は引き続き Plastic bag です。(笑)

おもちくん
おもちくん
あたご、もういい?続けよか。

アナログレコードの良さって?

 

山下智久(やまぴー)さんの質問にアトミック・レコードのオーナー、リックさんが答えます。

Rick:  A part of that is, people love process.Put it on, a record, a turntable.

レコードの(楽しみ方の)一部として、みんな音楽を聞く過程が好きなんです。レコードをレコ、いやターンテーブルの上に載せたり、

Rick:They like cover art and all the liner notes on the back information and just the way their sound…and just a whole experience…

レコードのジャケットのデザインやジャケット裏のライナーノーツ(曲の解説)、そしてサウンド、そのすべての体験が好きなんです。

Experienceってよく使いますよね。なんとか体験みたいな。なんか製品だけじゃなくて、利用シーン全体を演出するみたいな。なんか言いにくいですが。

Rick:So another person I highly recommend just about his record, James Brown.

えっと、違うアーチストでめちゃくちゃオススメなのが、彼、ジェームス・ブラウンのレコードだよ。

Tomo:Ah!Legend.

あー!レジェンドだ。

Rick:Yeah, yes, definitely legendary, yeah.

そう、そうですね。ほんとに伝説的な、だね。

ここで山下智久(山P)さんが進められたのがこちら。

スポンサーリンク

James Brown: There it is (レコード盤)

レコード、、、ですが、もちろんCDもあります。

リアクションはポジティブに

 

Tomo:  I like this!

この曲好きです。

Rick:  Very.. the greatest funk band.

すごく、、偉大なファンク・バンドだよ。

ここ山下智久(やまぴー)さん、さらっと “I like this!”って言ってますが、こういうポジティブなリアクションをすぐに返すとアメリカの人ってほんとに喜んでくれます。

たぶん山下智久さんは自然にやってるんだと思うんですが、こんな感じで行きたいですよね。

初めてのレコード、ジェームス・ブラウンをお買い上げ

 

ということで山下智久さん初めてのレコード、ジェームス・ブラウンの「There it is」をお買い上げ〜!

スポンサーリンク

James Brown: There it is (レコード盤)

なんか楽しそうでしたねぇ。ちなみに僕(あたご)も向こうに行ったらDVDとかかってきてしまいます。

なのでDVDドライブはアメリカリージョン。(笑)

オカメちゃん
オカメちゃん
山Pファンキー!

まとめ

 

今回は山下智久さんがグラミー賞の取材で訪れたロサンゼルスで訪問したレコード店、Atomic Records での様子をレポートしました。

初めてのレコードで山下智久さんハマってしまったんじゃないですかね。今度はファンキーな新曲出るかもです。(笑)

それではまた山下智久さん、有名人、芸能人の方々の勉強法とか英語事情とか面白いのがあったら紹介しますね。それでは。

グラミー賞レッドカーペット
山下智久、櫻井翔、グラミー賞のレッドカーペットで共演こんにちは!あたご です。今回は第61回グラミー賞のレッドカーペットで山下智久さんと嵐の櫻井翔さんが共演ってシーンがありましたのでちょっ...
山下智久まとめトップ
山下智久(山P)あたごブログ まとめ山下智久(山P)さんの記事がたくさんになってきたのでこちらにまとめます。 山下智久さんの英語力、勉強法まとめ 山Pだけでカテ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)