Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

現代の魔術師、落合陽一の英語力、勉強法

基調講演

今回は現代の魔術師と呼ばれる筑波大学准教授の落合陽一さんの英語力、勉強法について調べてみたいと思います。

現代の魔術師、落合陽一さんの英語力

 

こちらは2014年に行われたTED Tokyoでの落合陽一さんです。CGを物体化するテクノロジーについて英語で語っています。

前編見ていただくとCGと現実の物質を使った最新のテクノロジーが次から次に紹介されて落合陽一さんの天才っぷりがよく分かる動画になってます。

あ、それで肝心の英語のほうですが、いかがですか?わかりやすい?たぶんTOEICとか英検とかの勉強をしてる人にはとってもわかりやすい英語だったんじゃないでしょうか。

内容のほうは最新技術のお話なので一部難しい語彙も入ってきますが、すべて単語単語をはっきり区切って発音されててTOEICや英検などで普段から語彙、単語を詰め込んでる人にはわかりやすいと思います。

うーん、、、このプレゼン、落合陽一さんほどの頭の良さなら全部書出して、全部暗記してプレゼンしてるのかなぁって思えます。なんかほかの動画も見てみないとなんとも。

ということで、こちらは2012年に公開されたTED Tokyoからの動画になります。上の動画から2年前のものになりますので動画を比べて英語力で何か違いがあるかどうか。

えぇぇ!ちょっとだいぶ見た目が・・・。失礼。英語力のほうですね。こちらの動画ではやっぱりちょっとTEDという舞台に緊張されているっていうところぐらいで英語力がうんぬん言えるようなものではないですかね。

同じくプレゼンの内容を全部書出して、暗記して、そのまま話されているような印象です。まぁ、プレゼンなので当たり前ですね。周到に用意されてやってるんだと思います。なので、、、英語力がどうのってよくわからない。

もうちょっと自然な流れの中で英語を話してる動画はないかなと探してみると2015年にスペイン語圏のテレビ?に出演されたものがありました。

残念ながらこちらでは紹介できない動画になっていましたので貼り付けられないんですが、その動画の中では英語で出演者とやり取りをされている落合陽一さんの姿が放送されていました。

発音や語り口はTEDの動画と同じなのですが、英語話者の質問がわからないときはそのまま流したりせずしっかり聞き返したりしてるところはさすがですね。

カタカナ発音でも英語は通じる!

 

はい、そのとおり。通じると思いますよ。発音にコンプレックスをもつ人たちに取っては福音ですよね。これはほんとにそう思います。

話さないといけない場面になったらカタカナ発音だろうがなんだろうが自信を持って話したほうがいいです。だまってニヤニヤしたり、聞いてますよぉ!ってわからせるため眉間にシワを寄せたり、さらには聞こえないふりするよりよっぽどいいです。

カタカナ発音は通じますけどね

 

カタカナ発音は通じると思います。上で書いたとおり黙り込むよりもなんでもいいから発信したほうがいいのは間違いない。

ただずっとカタカナ発音でいいかっていうと、「カタカナ発音でいい、発音を良くするなんて外国かぶれだ」ってドヤってる。ずっとカタカナ発音でいい、発音練習は一切しなくていいことって2つ条件があると思います。

1.あなたの話をどうしても相手が聞きたい場合

2.語順がバラバラでないか、語順の概念が必要でないほど短いフレーズで話す場合

3.相手が何を言ってるかを聞き取れなくても構わない場合

1については要は中身、相手があなたが発する情報を必要とする場合は必死で聞いてきます。当たり前ですよね。落合陽一さんほどの方の話は誰でも聞きたい。なので必死で理解しようとします。

そして2の語順、これがバラバラだとさすがに理解できません。落合陽一さんは事前に周到に用意されているのでしっかり通じる英文になっている。会話のやり取りの中でも頭の中で高速で英作文してるんでしょうね、なので通じる。

それが出来ない場合は、語順の概念もいらないような、すごく短いフレーズ、Go I There などなら通じると思います。

最後に3ですが、カタカナ英語で発信する場合はなんとかなります。ただし英語話者が言ってる単語(音)を頭の中に詰め込んだ単語と組み合わせることができない、または時間がかかる場合が多いです。

カタカナ英語で通じる英語を話してしまうようなって人ってきちんと勉強をしてる人だと思うんですよね。単語帳や問題集で英語を覚えて資格試験などで高得点取ってしまうような。

単語力だけで東大英語を制覇したと豪語されているほどものすごい単語力を持つ堀江貴文(ホリエモン)さんの初期の頃のオンライン英会話の様子です。

英語話者が発する音と頭の中にある英単語をマッチングさせられないので何を言っているのか分からないとか、違うことを言っているんだと勘違いしてしまいます。

ちなみに堀江貴文(ホリエモン)さんは、この後、海外で英語話者との英語による大量の交渉をやることによって英語力を劇的に上げてます。

ネイティブじゃない人、時間もお金もないなら

 

英語の習得って時間がかかります。数年単位の時間です。ちまたに売ってる本のように10時間で英語話せたり3ヶ月でペラペラになれる人もいるとは思いますが、僕は違いました。

ただ英語を話すって決して特殊な能力ないととか、頭が良くないと、若くないと、海外行かないと、留学しないと、ワーホリ行かないと、お金ないと、なんてことはなくて誰でもできると思います。

年単位の地道な努力を、途中で入ってくる「短期でTOEIC◯◯◯点!取得!」、「カナダ留学決定!」「オーストラリアにワーホリ行きます!」なんて情報に惑わされずに、ずっと習慣として続けられるかどうかだと思います。

具体的にはどうしたらいいかはこちらに書きました。ごく普通のあまりお金もかからない方法ですが、僕はこれで話せるようになりました。
英語はどうしたら話せるようになる?話すためのロードマップ

まとめ

 

落合陽一さん、最近大活躍ですね。著書の方は出版社のせいだと思うんですがかなり煽り気味でどうかなぁ〜なんて思ったりですが、実際に話されていること、TEDの動画で見せるテクノロジーの未来にはワクワクします。

ということで今回は落合陽一さんの英語とカタカナ発音についてでした。?なんかちょっと違うような。ま、いいです。

それではこれからも英語情報や有名人、芸能人の方の英語力、英語勉強法について情報があったら紹介していきますねぇ。それでは〜!ではでは。

有名人・芸能人の英語といえば

ほかの有名人、芸能人の英語勉強法ってどうなってるの?けっこう参考になりますよ。
・有名人、芸能人の勉強法はこちらに集めました

世界と勝負する、世界を口説く孫正義さんの英語って?
孫正義の英語力と勉強法

メンタリストDaiGoの英語勉強法はやっぱりマインドから?
・メンタリストDaiGo(ダイゴ)の英語勉強法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)