Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
芸能人の英語

ゆりあんレトリィバァの英語力、勉強法。本場NYでも実力発揮

オカメちゃん
オカメちゃん
最近、ゆりあんレトリィバア人気だよね。
あずき姉さん
あずき姉さん
英語ネタの発音とかイケてるわよね。

今回は女芸人ゆりあんレトリィバァさんの英語力、勉強法を調べてみました。ゆりあんレトリィバァさんといえば2017年に日本テレビ「女芸人No.1決定戦 THE W」で見事優勝。

「女芸人No.1決定戦 THE W」でも得意の英語芸を披露してましたよね。なんかものすごく英語が堪能そうなんですけど、その秘密はなんなんでしょ。

ゆりあんレトリィバァの英語力を確認

 

オカメちゃん
オカメちゃん
実際のところどれくらい英語喋れるん?

それではゆりあんレトリィバァさんの英語力を動画で確認してみました。こちらの動画は2015年に放送された「ナイナイの海外定住実験バラエティー 世界のどっかにホウチ民」からの一コマです。

ゆりあんレトリィバァ

この番組、見たことなかったんですが、名前の通り?芸能人が世界のどこかに放置されるって企画だったようで。ゆりあんレトリィバァさんはニューヨークに一人で放置されます。

そして所持金は10万円で観光ビザの90日間を自分の力だけで生き延びていくってドキュメンタリーというかバラエティ番組なんですけど、よく考えましたね、こんなの。

ゆりあんレトリィバァさんはどうなったかというと、かなり苦労したみたいですがシェアハウスに転がり込んでバイトを探して、本場のスタンダップコメディアンになってみたりとかなりの大活躍だったようです。

で、この動画はシェアハウスの住人ですかね。その住人の友だちのリズっていうスタンダップコメディアンを紹介されてコメディショーに初出演する場面です。

スカイプかFacetimeかわかりませんが、聞き取りにくいビデオチャットの英語を見事に聞き取って返事をしていますね。

あずき姉さん
あずき姉さん
日常英会話ならまったく問題なしって感じだわ。

スタンダップ・コメディって?

 

オカメちゃん
オカメちゃん
アメリカはスタンダップコメディアンってよく聞くよね。

ゆりあんレトリィバァさんが挑戦したスタンダップ・コメディショーはいわゆるピン芸人の漫談ですね。アメリカのコメディアンはほぼこのスタイルです。

スタンダップコメディアン出身のスターは多くてエディー・マーフィーや大坂なおみ選手が出演した大人気トークバラエティショー「エレン・デジェネレスショー」の司会者エレン・デジェネレスもスタンダップコメディアン出身です。

ニューオリンズ
エレンの部屋・エレンデジェネレスショーって?今回はアメリカの大人気トークショー、エレンの部屋(エレンデジェネレスショー)を紹介します。司会のエレン・デジェネレス(Ellen DeG...

本場NY(ニューヨーク)でも女芸人の本領発揮

 

オカメちゃん
オカメちゃん
ゆりあん、すげぇガッツあるな。
ゆりあんレトリィバア

さすがに英語の内容で笑わせることは厳しいとは思いますが、動画の中でも持ちネタや即席のものまねとかいろんな手で必死に笑いを取ろうとするゆりあんレトリィバァさん。いやぁ、、すごい伝わってくる。

ゆりあんレトリィバァさんの英語勉強法

 

オカメちゃん
オカメちゃん
どうやって英語勉強したんだろ。
あずき姉さん
あずき姉さん
ものまねから入ったみたい。芸人さんらしいわね。

ではゆりあんレトリィバァさんは1990年に奈良県で生まれます。関西大学文学部に進みますが幼い頃からのあこがれである女芸人になるため吉本の芸人養成学校、大坂NSCに入ります。

英語に関しては関西大学に合格するぐらいの英語力を高校のときに持ってたってことはわかります。基礎ができてるんですよね。

ゆりあんレトリィバアダンス

本人は「私の英語は文法もでたらめ」とは言っていますが、会話は成立してますし、コミュニケーションにも問題ないですからね。これは教科書のような文章を話すことはできないってことだと思います。

英語、英会話は洋画のセリフを真似ることが好きとかから始まったみたいですが、大学時代は映画研究会に入って洋画で英語を勉強したみたいです。

「ネタ」のためかも知れませんが、生きた英語を必死で覚えると頭の中にフレーズとして残る。大事なインプットになるんでしょうね。

やっぱりマインドが大事

 

あずき姉さん
あずき姉さん
なんだかんだ、英語でいちばん大事なのはマインドね。

「私の英語は文法もでたらめ」というゆりあんレトリィバァさん、でもニューヨークではスタンダップコメディの舞台に上がってしまいます。

そして多少の間違いがあってもどんどんアウトプットしていく。友だちのコメディアンの英語も含めてマネをする。会話の中で修正して英語が上達していくってサイクルに完全に入ってますね。

これって重要なんですよね。最初の一歩。勇気を出して話してみると英語話者がちょっと聞き取りにくそうに「Huh?」って聞き返してきたら?

オカメちゃん
オカメちゃん
そんなこと言われた、つ、つら。。。

そしたら「(あぁぁぁぁ!もうだめ、私の発音がぁ、文法がぁ、こんな生き恥をみんなの前で晒すぐらいなら、英語は聞けるけど話せないって言ってたほうがまだ100倍マシだ!)It’s…. It’s okay….」なんてことになったりしません?

そして酔っ払ったらそんなリミッターも少し外れて恥も書捨てになるんで「酔っ払ったら英語できるよ、うぇーい!」なんてことだったり。

ま、これ、僕がやったことあるなんで大きなことは言えませんが、この悪循環から抜け出す必要があるんです。

確かなインプットさえあればあとはゆりあんレトリィバァさんみたいにマインドセットの問題です。

あずき姉さん
あずき姉さん
マインドについては、あたごも苦労したみたいよ。

まとめ

 

今回は人気女芸人、ピン芸人のゆりあんレトリィバァさんの英語について調べました。ゆりあんレトリィバァさん関西大学に合格する英語力があったとはいえ、勉強法は映画の真似って。

それであれだけ突っ込んでいけるってやっぱり英語なんてマインド次第(コミュニケーション取れる取れないってレベルですが)だなって思いますね。

それでは今回はこの辺で。これからも英語情報、海外セレブ情報、有名人、著名人、芸能人のみなさんの英語ネタ、いや情報、勉強法などありましたらご紹介しますね。それではぁ〜!ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)